ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > 広告がトーンダウンする7つの理由

広告がトーンダウンする7つの理由

投稿日:2006年5月26日   レベル:−    ソフトウェア:−


さて、日常的に、あなたはコンピューターを使用しています。目は疲れてうずき、背中も痛い。きっと、車の中でジャンプしたい様な、全部の窓を開けて高速道路を髪の毛を揺らしながら走りたいことでしょう。しかし、その日の間、それを中断する前に、あと一つのことを調べなければなりません。それは、ウェブマーケティングかもしれませんし、オフィスに飾るアートワークを購入したいといったことかもしれません。まずは Googleから始めましょう。

あなたが魔法の言葉を入力すれば、それがなんであれ、ウェブサイトのリストが流れ出てきます。最初の1つをクリックすると、それは即座にあなたの眼球を強襲します。10のぎらぎらした夜中のラスヴェガスのようなバナー、はた迷惑なそれらのうちの一つが、ウィンドウを閉じなければ、ページ上をうろうろし、読むことさえままなりません。活発にページ上で、まるで雪が降るように動いているものだってあります。そして、素晴らしいメッセージを叫んでいますよね、「BUY NOW !」、「 LAST CHANCE !」 …といった感じで。それらの画像はあなたにむずがゆしさを思い起させるんじゃないですか。

いつでも、クリックして消してしまいましょう、彼らが何を売っているかとか、何をくれるかなんて気にする必要はないんです。なぜなら、そんな広告の内容なんて、ひどいに決まっているものです。そして、それらを消しそうとした時、不快なポップアップウィンドウが開いて「何故このサイトを去るのですか?手短な調査に協力してください」ってね。冗談でしょって思って、「コメントを残す」ってボックスに何か、文句を書こうと考えるかもしれません。しかし、それはただ、望みもしない提案とともに、スパムすることを奨励してるだけなんですよ。

我々はこのようなウェブサーフィンにおける事柄を良く知っています。とても不快なものです。このような、どうしようもないマナーを会社に許している誰かのオプションとはなんなのでしょう?あなたは絵に描いた餅のようなこれら全てを信じますか?あなたはそれらが、知的で、正直、信頼できる人間によって経営されている会社によるものであると思えますか?彼らがそうしろと言ったからといって、クレジットカードをすぐさま通しますか?

もちろん、そんなことはないでしょう。やかましく、きらきらと、せわしなく、大胆であることが人の注意を引くには間違いありませんが、それがセールスに直結するとは限りません。以下はあなたが自分の会社のウェブサイトを作成する際に、覚えておくべきことです。何が新しい客を引き付けるのか?シンプルで味のあるウェブデザインに違いありません。親切にナビゲートするサイト、爽やかで、清潔感があり、興味深いことです。

あなたのサイトのトーンダウンする原因となる7つの理由を次に示します。


1. flashはあまり意味がありません。


flashによる表現とはクリエイティブで、ユニークになりえますが、あなたが提案するものに本当に必要なのでしょうか?バカげた、きらきらしたものがページのトップにあることが、本当にあなたのサイト売り上げの向上につながるのでしょうか?例え、素晴らしいデザインを実現してくれるデザイナーを手に入れたとしても、いつも忙しいネットサーファーのことを考えてますか?彼らは常にクリックしていますよ。もう一つのムービーがダウンロードされるたびに、彼らは我慢できると思いますか?


2. 多すぎるメッセージは互いを相殺してしまいます。


疲れている時に、薬剤の回状のようなものを読んだことがありますか?大きな赤い文字がページ全体を飾りつけられており、見出しがつまらない写真などの傍に詰め込まれていました。もし、何から何までウェブサイトの中に詰め込んだらどうでしょう?ひとつのメッセージさえも読まれることはないのではないでしょうか。私たちの眼はどこを読むべきかは判断できないのです!たくさんのことを叫ぶ前に、ヴィジュアルで訴えかけましょう。あなたの伝えたいことをできるだけ明確に、しかし、白いスペースを残すことを気にかけてください。目を休めることも必要です。そして、彼らにあなたが伝えるべきことを消化できるように心がけましょう。

3. アクションは気を散らせます

最後に「魔法の星」、言葉を散在させたようなサイトを見た時のことを考えてみてください。それを読んで、しっかり理解できましたか?ウェブサーファーを、彼らの目を疲労させてしまうようなことはあってはなりません!ページ上を飛び飛びで言葉を読ませるようなことは、訪問者の興味を引き付けることにはなりません、むしろ、ひとつのスポットに質を向上させて読んでもらうべきです!

4. クリックが全てです。

ウェブハンターとはどのようなものか知っていますよね。マウスを手に握って、全てを操作できる立場にいる。さて、他の人がマウスを握り、あなたのサイトをサーフィンしていることを考えてみてください。あなたのサイトがとんでもない色使いで、混乱していたら、ワンクリックで、もうそのサイトのことは忘れられてしまうでしょう。立ち去られないようにするには?清潔に、シンプルにする、ただそれだけなのです。


5. 中身の無い約束は客人を懐疑的にさせます。


あなた自身のウェブサーフィンの経験を考えてみてください。ある人があなたを億万長者にしてあげるといったからといって、すぐのその場でサインするようなことがありましたか?あなたの広告に対してお客さんを夢中に、心躍らせることよりも正直で楽観的であることが重要です。

6. ポップアップは実に迷惑です。

今までに、ポップアップ広告が宣伝するものを買おうと思ったことがありますか?ないでしょう。何かコンピュータで使用としたときに15のポップアップによって、ハードディスクに負荷がかかることに感謝する人がいますか?ありえません。邪魔者だと思うなら、他人に同じことはしないでください。サーチエンジンランキングを改善しなさいと、有名なマーケッティング指導者に何回言われたかなど、私は気にしません。サーチエンジンはあなたに公開の場を与えてくれますが、もし客人が何も買わなければ、何回クリックされたかなど全く意味が無いのです。

7. 長い宣伝文句を読みたい人などいないのです。

どんなに素晴らしいコピーライターに頼んだところで6ページの宣伝文句を受け入れますか?それに、多大な時間を要するなら、なおさらです。それが2ページになっても、6ページと一緒ですよね。もっと減らすことです。「もっと」とは読者が興味を失わず、最後まで読めるということです。簡潔であることが、なにより重要です。もし、あなたが、5語、もしくはそれ以下で同意を得ることができたなら、自信を持って次の相手を迎えることができるでしょう。あなたのウェブの入り口に大憲章を飾りつけることを忘れないでください。


魅力的なウェブコンテンツをデザインしたいですか?訪問者に2度、3度、4度…と訪問してもらいたいですか?そのためには上であげた「注意を散漫にするもの」を最小限に留めてください。あなたが提案していることをインターネットで探している他人になりきって、考えてみてください。今まで述べてきたことは全てあなたの経験上、妨げになってきた事柄ばかりでしょう、そして、あなたの会社のウェブサイトからそれらを排除してください。味わいがあり、巧妙なデザイン、雄弁な見出しに明確な広告文書を心がけてください。何を売っているのか、それが客になにをもたらすのかを正直になって考えてください。結局、それはセールスがどのように変動するかを見るということです。


引用:Web Design Library著者:Dina Giolitto翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング