スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > ぼかし(ガウス)を利用して夢心地な効果を表現する

ぼかし(ガウス)を利用して夢心地な効果を表現する

投稿日:2006年5月30日   レベル:初級    ソフトウェア:PhotoShop


しばしば、”星のような輝き”、”夢心地”な効果を写真に加えて欲しいという写真家に出会うことはありませんか?このチュートリアルでは、そんなCG加工を写真にほどこす方法を教えたいと思います。


1. 編集するイメージを開いてください。
200_201_007_1.jpg


2. ”背景”レイヤーを2回複製(Ctrl+J)して、3つのレイヤーを作ってください。
200_201_007_2.jpg


3. 一番上のレイヤーに、ぼかし(ガウス)(イメージ>ぼかし>ガウス)を適用してください。ぼかし半径は、細部がぼけて、全体の形はわかる程度にします。同じ作業を真ん中のレイヤーにも行ってください(真ん中のレイヤーを選択して、Ctrl+F)。
200_201_007_3.jpg


4. 一番上のレイヤーの様式を”スクリーン”にして、真ん中を”オーバーレイ”にします。両方のレイヤーの”不透明度”を下げて、効果を若干抑えてください。
200_201_007_4.jpg


5. イメージの色合いが少しぼけつつも、輪郭ははっきりとしているでしょう。もとのイメージに、この手順でイメージを重ねていってみてください。違いが分かると思います。
200_201_007_5.jpg

この霧がかったような効果は写真で”朝”をイメージさせるようなときによく使われます。他の方法とは違って、より”光”というものを意識して、いくらかのレイヤーを重ねることで表現しました。


引用:Web Design Library著者:FotoFects翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング