ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeグラフィック講座 > Illustratorを使った刈り込みによるスウィッシュ

Illustratorを使った刈り込みによるスウィッシュ

投稿日:2006年5月30日   レベル:初級    ソフトウェア:Illustrator


Adobe Illustratorを使っている多くの人は、このチュートリアルはとても簡単なものに見えるかもしれません。しかし、実際にはほとんどの初心者はパスファインダーのパレットについてよく理解しておらず、このような形状を作製するにあたってとても不便となります。このチュートリアルを理解すれば、このような作業は簡単に行うことができるはずです。もしあなたが初心者で、パスファインダーとは何か、何が難しいのかなどと尋ねているならば、このチュートリアルはあなたのためにあります。

Step1 新しいドキュメントを作成してください
AdobeIllustratorでファイル新規作成としてください。サイズは好きなように設定してください。しかし、シンプルにデフォルトの210×297mmを使いましょう。
コツ: Ctrl+ZかCtrl+Shift+Zで直前の動作を取り消す、すなわちいつでも間違いを無効にすることができますよ。


Step2 楕円ツールを選択してください
ツールパレットから、楕円形ツール(L)を選択してください。もし、パレットの中に小さな円のアイコンが見当たらなかったら、他の形状である可能性があります(たいていは四角とか)。その場合は、右下の小さな矢印をクリックすれば、様々な形状を選択できるはずです。

400_401_003_1.jpg


Step3 塗りの色を設定しましょう
塗りの色を、塗りたい色に設定されているか確認してください。また、線の色は無しになっているかも見ましょう。

400_401_003_2.jpg


Step4 円を描いてください
楕円ツールを使って、Shiftを押しながら、ドラッグして円を描いてください。Shiftを押しながらこのツールを使うことで、真円を描くことができます。下のような円が描けたはずです。

400_401_003_3.jpg


Step5 円を複製しましょう
Adobe Illustratorにはこのステップを行うに当たって、いくつかの方法がありますが、このチュートリアルではできるだけシンプルに行いたいと思います。あなたの作製した円が選択されていることを確認して、「Ctrl+C」、「Ctrl+V」と連続して行ってください。シンプルなコピーアンドペースト方法です。そして、円が2つになったと思います。

400_401_003_4.jpg


Step6 新しい円を白にして、変形させましょう
ここで、Step3似ていますが、塗りカラーを白に設定します。新しく作製した円を選択して、塗りカラーを白に変えましょう。もし、スワッチパレットが見当たらない場合は、ウィンドウ->スワッチへと行けば見つかるはずです。新たしく得られた白い円のセンターポイントのどちらかをドラッグしてもう一方に近づけましょう。ここではShiftを押してはいけません、下のような図形が得られたはずです。

400_401_003_5.jpg


Step7 両方のオブジェクトを選択します
セレクトツール(v)を選択して、両方のアイテムを選択する、もしくは「Ctrl+A」を実行すれば、全てのオブジェクトを選択できます。

400_401_003_6.jpg


Step8 トリム
ここで、Shift+F9もしくはウィンドウ->パスファインダーでパスファインダーを立ち上げてください。両方のオブジェクトを選択した状態で、刈り込みボタンを押しましょう。パスファインダーはAdobe Illustratorの中でも非常に便利な機能です。

400_401_003_7.jpg


Step9 トリム
2つのオブジェクトは一瞬の間に同じものになるはずです。しかし、実際にはそれらはトリムを実行している間にグループ化されています。オブジェクトが選択されている状態で、「Ctrl+Shift+G」を押せば、グループ化解除できます。もし、最初のトライで実行されなかった場合は、一度、オブジェクトの選択を外し、再び選択して「Ctrl+Shift+G」を行ってみてください。 今、ふたつのオブジェクトは分けることができ、白い円をクリックして消去してください。ここで、両方のオブジェクトが消えてしまった場合は、グループ化の解除ができていないと思います。Ctrl+Zで、動作を戻して、やり直してください。Ctrl+Zは押した回数だけ、動作を戻すことができます。下のような、図形が出来ました。

400_401_003_8.jpg


Step10 自由変形ツールの選択
ツールパレットに戻って、自由変形ツールを選択してください。

400_401_003_9.jpg


Step11 遠近法を用いた変形
このステップは少しだけこつがいります。もしあなたのコーディネイト技術が足りなければ、何回かトライする必要があると思います。オブジェクトを選択して、自由変形ツールで下の角のハンドルをクリックして掴みます。そして、そのままドラッグしていくのですが、その際に、「Ctrl+Alt+Shift」を押しながらドラッグすると遠近法に従った変形を始めます。時間がかかるかもしれませんが、このツールは後々とても役立つと思います。


Step11 遠近法を用いた変形
400_401_003_10.jpg


Step12 スウィッシュ
さて、有名なマークに良く似たものになりましたね。どこかの弁護士から電話がかかってくる前に、Step5でやったように、コピーアンドペーストを使って少し変えていきます。まず、これを回転させましょう。簡単です、オブジェクト->変形->回転 としてください。

400_401_003_11.jpg

どうですか!そんなに素晴らしくもないかもしれません…、しかし、たくさんのアイディアを得ることができたはずです。刈り込みツールと自由変形ツールを使って、色々なグラフィックを描いてみてください。

400_401_003_12.jpg


引用:Web Design Library著者:Vecpix.com翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング