ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > 他のオンライン環境での要因

他のオンライン環境での要因

投稿日:2006年5月26日   レベル:−    ソフトウェア:−


オンライン環境において、影響を与えるファクターと我々がそれらのインパクトを和らげるには何をするべきか?シンプルなウェブデザインは様々な方法でより効果的であると証明されているのです。

ウェブページ上では

・文化に関する感覚
・ユーザーがどのようにたどり着いたかはわかりません
・接続速度
・クライアントとサーバー間のタイムディレイ
・フォントのバリエーション
・HTML/CSS/JavaScritp/Flashのサポート
・アクセスのしやすさ

文化に関する感覚: 私はあなたを知らないし、あなたは私を知らない

ウェブが世界規模になっている今、様々な文化的背景を持つ人々がアクセスしてくるでしょう。さらに、ユーザーがどのようにサイトにたどり着いたかなど知らず、彼らが、以前あなたの会社の商品や、サービスからどんな経験をこうむったかなどもしらないでしょう。
何ができるのでしょう

・文化的な点に置ける一般的なウェブ協定を用いましょう。
・シンプルな言語を使用し、第一言語が異なる相手にも読みやすいようにしましょう。
・あなたのブランドを信用すると考えるべきではありません。彼らは、あなたのウェブサイトを見ているだけなのです、彼らの敬意を引き出すことが重要です。


どうやってユーザーはここまでたどり着いたのか

あなたのウェブサイトにどのようなルートでユーザーがたどり着いたかということはいつも分かるわけではありません。
何ができるのでしょう
・ あなたのページが何についてのモノなのか、何が書いてあるのか、どのように欲しい物が手に入るのか…、などについて十分な情報を各々のページに示しましょう。

接続速度

ユーザーが携帯電話の0.5KB程度の低速度で接続しているとしましょう。これは実際の転送速度に影響する、ユーザーの名目上の最大速度であるだけではありません。一般的な55.6モデムのユーザーは実際には3-4KB/s程度の速度しかでていないでしょうし、混雑しているときはさらに低下するでしょう。高負荷のサーバーは交通渋滞のようでしょうから。ページサイズを最小にすることは利用性を向上させると供に、システム全ての部分のスピードアップにつながります。
何ができるのでしょう

・広告類のイメージは集中させ、背景的なイメージを最小にしましょう。
・カスケードスタイルを使用し(ダウンロードサイズを小さくということです)、背景色、境界やロールオバー効果をいたるところで使用しましょう。
・シンプルなHTMLを作製しましょう。


フォントのバリエーション

コンピュータによってはフォントの規格が異なってきます。マッキントッシュは他のPCよりも異なったフォントを多く持っています。あなたが思っているかもしれない、MSオフィスでインストールされるフォントxxxというのも、全然共通でないんですよ。また、最終的に、ウィンドウズにおいて一般的な文章にベストとされているVerdanaだって、マックにはないんですよ!
何ができるのでしょう
クライアントのPCにインストールされていない様なフォントに頼ったデザインはしてはいけません。一般的なフォントにしましょう。私の意見では、実用的なモノは verdana,Helvetica,arial,sans-serifあたりでしょうか。特別な時、素早く、多くを読む必要がないような時に限り、他のフォントを使いましょう。ヘッダーのような大きなサイズの文字にはserifを使うのも良いでしょう。他の部分は普通のsansを使用して、他の場所にクリエイティビティを集中させましょう。

カラーバリエーション

少数ですが、古いタイプのディスプレイにはたった256色しか表示できないものもあります。これらのカラーはPC,マッキントッシュのプラットフォーム上でわずかに異なりますが、216色に関してはどちらにおいても再現されます。これが、ウェブ上で安全な216色のパレットです。これらを使って、多くの人がアクセスしているサイトをデザインできることがわかると思います。ウェブサイトを閲覧する方法は他にもあります。
何ができるのでしょう

・2,3色でよくマッチしたカラーの選択や、デザインを通したスキームに順じた良い練習になるでしょう。
・どこで大面積にウェブ上で安全なカラーを使用できるか。
・メインのコンテンツのエリアには白をメインに使用しましょう。
・フルカラーにデザインされたサイトを妥協してきたであろう、少数派の人たちを受け入れましょう。


HTML/CSS/JavaScript/Flashをサポートしましょう

全てのブラウザが最新のHTMLやCSSをサポートしているわけではありません。一部の人はFlashのプラグインをインストールできません。極少数のブラウザではJavascriptを動かすことが出来きません。
何ができるのでしょう
近頃、FlashやDHTMLによるコンテンツを持つサイトを閲覧できるユーザーの確保が可能になっています。警告を付け加えたいと思います、ターゲット対象を常に考慮し(理想的なユーザーだけでなく、あなたのサイトにアクセスしうる人を)、もしあなたが確かなフォーマットを使用して除かれる人々のパーセンテージに関してよく知っていなければならないでしょう。

アクセスのしやすさ

・できる限り、テキストをテキストとして使いましょう。CSSはボタンなどを簡単に充実させることができ、上品なマウスオーバー効果も利用できます。
・全てのテキストを読んでもらえるようにしましょう。人々は大きな文字は読めますが、小さな文字に関しては視野が乏しいものです。
・全ての関連したイメージに対して’alt’属性を持たせ、スクリーンリーダースを使っているユーザーを助けましょう。
Altテキストを簡潔、適切に心がけましょう。


引用:Web Design Library著者:Ben Hunt翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング