ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopスクリプトの基礎:whileループ

Photoshopスクリプトの基礎:whileループ

投稿日:2006年5月30日   レベル:上級    ソフトウェア:PhotoShop


Whileループ

Whileループは一連の指示を繰り返すのに使用されます。条件が満たされない時に、記述が繰り返される、ということです。


var i = 0
ループをつくるには、カウンターのように動作する、ループした回数をカウントしていく変数が必要になります。変数の名前はどんなものでもかまいません、一般的には”i”を用います。プログラマーがあなたのスクリプトを見たときに、変数に”i”を使っていると、とても読みやすくなります。変数の値を0に設定してください。


var i=0 while () { }
そして、ループシンタックスを書いてください。


var i=0 while (i<3) { }
whileループの中に設定した条件は”i<3”です。これは変数”i”(ループが何周したかカウント)が、3以上にはならない、ループは3回以上繰り返されないという意味です。


var i=0 while (i<3) { alert("The value of i is " + i); }
ここで、カウンター変数を表示する警告のためのスクリプトを加えます。


var i=0 while (i<3) { alert("The value of i is " + i); i++; }
スクリプトを走らせた後、1周ごとににカウンター変数を表示させます。そのためには、”i”を”i++”を加えることで、1つ増やしてやればいいでしょう。


200_201_006_1.jpg
.jsx形式でファイルをデスクトップに保存してください。名前は自由に付けてかまいません。Photoshopでファイルを走らせます(ファイル>スクリプト>参照)。警告のポップアップが3回表示されましたか?


引用:Web Design Library著者:FotoFects翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング