ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ブラウザの互換性

ブラウザの互換性

投稿日:2006年6月20日   レベル:初級    ソフトウェア:−


長い間、Microsoft社のInternet Exploreが人気のウェブブラウザですが、Mozilla Firefoxなどとの差は縮まっています。

最新の統計では、6400万人のFirefoxユーザーが確認されており、日に日に増えています。

ブラウザの互換性は最も重要な要素でもあります。ブラウザのウェブページの表示の仕方によって、実際の表示では微妙な違いがあります。

100_101_012_1.jpg


例えば、IFRAMEタグはInternetExploreでは正確に表示されますが、Firefoxではそうはいきません。これはブラウザの互換性に関する一つの例です。

それゆえ、ウェブマスターは、InternetoExploreとFirefoxの両方で同様に表示されるようにサイトを構築するべきです。ここを軽視すると、多数のユーザーを失うことになります。ウェブサイトを正しく見れないということはウェブサーファーにとって最悪のことにほかなりません。解決策としては、全てのページをXHTMLで作成することです。これによって大多数のウェブブラウザで正確にページが表示されます。

XHTMLは次世代のウェブ言語で、HTMLに近く取って代わるでしょう。XHTMLは2000年1月に発表されました。
XHTMLは難しい言語ではありません。基本的にはHTMLと同じですが、異なる点としてはXHTMLでは常にendタグを持ちます。


例えば、HTMLでのIMG SRCタグはendタグを持ちません。XHTMLでは、IMG SRCタグはendタグ/>を持ちます。
XHTMLに関するさらなる情報は、w3schools.com-xhtml-introで見ることができます。
XHTMLでウェブページを構築すれば、W3schools.comxhtml-xhtml validateで確認できます。

さらに、互換性を完璧にするために、スタイルシートJigsaw.w3.org-CSS-Validator


引用:Web Design Library著者:Phillip Harrison翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング