ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > ウェブデザインにおける間違い

ウェブデザインにおける間違い

投稿日:2006年6月20日   レベル:初級    ソフトウェア:−


昔の賢人は”他人の間違いから学びなさい、全てを自分自身でやる時間はとうていありません”といったことを言いました。よって、ここでは、ウェブデザインにおける5つの代表的な間違いを挙げてみます。

100_101_028_1.jpg


1.時間のかかるダウンロード ーご存知の通り、アニメーションや音楽といったクールな要素にあふれたサイトは・・敬遠されるのです。なぜなら、ダウンロードに時間がかかりすぎるからです。すぐにダウンロードされるシンプルですてきなサイトは、いつまでたってもダウンロードできないサイトよりはるかに素晴らしいと思います。
2.読めない文章 ーもし、あなたのサイトの訪問者が、文章が読みにくいと思っているなら、変えていきましょう。ここにとても読みやすい例を挙げます。


A.コントラストの弱い文字色と背景色の関係−明るい背景に明るいテキストを使うのはやめてください。暗い背景に暗い文字ももちろん駄目です。背景と文字色のコントラストは最大限につけると読みやすくなります。黒文字を白い背景に使えば、とても読みやすいでしょう。黒に赤は配色的に最低です。白に黄色も読み易くありません。

B.がちゃがちゃした背景と文章の関係−ソリッドな原色の背景が、最も文章を読み易くしてくれます。質感や柄を加えた背景は必要ありません。
C.小さなテキスト−テキストを小さくすればかっこよく見えるかもしれませんが、読みにくくなります。ブラウザでサイズを変更できるように設定しておいてください。

3.一体感の持てないデザイン−デザインに色を使いすぎる、ごちゃごちゃしたレイアウトは厳禁です。サイトは見易くすることが第一条件です。


4.長すぎるページ−訪問者が欲しい情報を引き出すために、とても長いページ全体を読ませるようでは問題です。ページ上では、2、3のトピックスがすぐにわかるように構成する必要があります。


5.案内不足ー全てのページからどのページへも移動できることはとても重要なことです。ユーザーは検索エンジンや、他のサイトからのリンクから訪問しますが、そこで、サイト内の移動ができなければ行き止まりとなってしまいます。これはあなたのサイトの印象、ビジネスに損害をあたえてしまいます。

ウェブサーフィンしているときに、他のサイトで感じたわずらわしいことをチェックしておきましょう。そしてあなたのサイトを見比べてみてください。もし、あなたのサイトにここでふれたような間違いを発見したなら、それは成功への第一歩が見つかったことでもあるのです!

引用:Web Design Library著者:Halstatt Pires翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング