スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

HomeFlash講座 > Flashにおけるサウンドトラブルシューティング

Flashにおけるサウンドトラブルシューティング

投稿日:2006年6月2日   レベル:中級    ソフトウェア:Flash


500_501_003_1.jpg

1,ひとつのサウンドをループさせようとした時、つなぎ目が気になりませんか?なぜでしょう?

ほとんどの場合は、サウンドは適切に編集されない、ギャップや無音部分を含んでいるのです。
それを直すには次の2つの方法があります。

1) サウンドファイルを編集できるアプリケーションでファイルを開いてください。
そして、サウンドを再生して、ギャップがどこにあるか探してください。
もし、そのようなアプリケーションを持っていなかったら、 Flashで編集することも出来ます。

2) ギャップをエディットポイントを使用して
削除することが出来ます。繰り返し聞きたい部分だけを、再生することができます。
無音、ギャップ部分を取り除けば、ファイルサイズを小さくすることにもなります。
そうなった素材は、Flashムービーを用いて、エクスポートされません。

2.サウンドを重ねた時に、音の歪みやノイズができてしまうのは何故でしょう?
これは2,3のことに原因があります。最初に、元々のファイルに歪みや、ノイズが含まれていないか確認してください。

次に、それぞれのサウンドファイルが出力ボリュームを超えていないか確認してください。もし、いくつかのサウンドレイヤーを同時に再生しようとしていて、それぞれが最適な出力サイズであったとしても、同時に再生した時には問題が生じることもあります。サウンドは最適な水準で録音してください。このような状況を改善するために、スタジオエンジニアーがバンドでボリュームを調節し、個々の楽器を最適にミックスするような方法で、あなたもサウンドをミックスしなければなりません。それぞれのサウンドレイヤーでエンベロープポイント、ボリュームポイントを下げましょう。通常、それぞれのレイヤーでエンベロープポイントは半分程度に下げ、ボリュームをその状態で調節します。

3つ目の理由としては、Flashそれ自身、またはFlashプレーヤー、書き出されたムービーに原因があると思われます。あなたが使用しているプラットフォームによって、Flashにおいて、時と場合によって異なった結果となることがあります。Macintoshのプラットフォームはこのような状況に陥ることがしばしばあるように思えます。問題解決のために異なった圧縮形式や、MP3の代わりにADCPMを用いるなどしてみましょう。おそらく知っていると思いますが、Flashは正常に動作させるためには大きなメモリ(RAM)を必要とします。多くのサウンドレイヤーを同時に再生するには、かなりのスペックが必要となるでしょう。問題解決できるかどうか、より多くのメモリをFlashに使用してみてください。

3.サウンドを重ねた時、一つまたは複数のサウンドがそれ自身でループして重なってしまいます。なぜですか?
このような場合において、サウンドが最後まで再生できるように、タイムラインが確保されていないことが考えられます。特に、ストリーミングにシンクロセットしている時に、この理由が第一に考えられるでしょう。サウンド再生に十分なフレームを追加して、もう一度ムービーを動かしてみてください。また、サウンドを繰り返し再生してしまうようなフレームをムービー内に
設定していないかを確認してください。


4. サウンドを重ねて、ムービーをフレーム1から再生しているのに、全てのレイヤーがシンクロしていないようです。なぜなのでしょう?
メモリ(RAM)を増設することで解決すると思われます。しかし、サウンドを確実にシンクロさせるには、全てのレイヤーをシンクロさせるトリガーとなる、”null”サウンドを使用する必要があります。


5.swfをデスクトップ、ウェブ上にパブリッシュすると、サウンドレイヤーが同期していません。どう修正したらよいのでしょうか?
Flashにて6,7のサウンドレイヤーを用いると、いくつかがシンクロしないことがあいます。Macromediaはこの手のFlashの利用をサポートしていませんが、この問題に関しては解決策もあります。この手の問題はイベントにシンクロセットした時に、しばしば見られます。プレイヤーを、イベントサウンドを開始、またそれらを確実にシンクロさせるために十分長いストリームモードに入れるといった、小さなファイルを用いた解決法があります。


6.ループの終わりや始めにポン、パシッと言った音が聞こえます。どういうことなのでしょうか?
始めに、元のファイルにこのような音が含まれていないかを確認してください。サウンドや、フレームプロパティにおけるサウンドのループの能力などをサウンドタブでテストできます。ソースファイルに問題が無い場合は、おそらくFlash playerが原因でしょう。いくつかのコンピュータではFlashPlayreは適切に動作しない場合があります。同じファイルでもコンピュータが変われば、同じサウンドが再生されるとは限りません。いくつかのコンピュータで正しく再生されるかどうか調べる必要があります。我々はこの問題をMacromediaに報告しており、次のバージョンのFlashでは改善されることを望みます。とりあえず、圧縮方法をMP3からADPCMに変えてみることで、問題をはっきりさせることができるか見てみてください。全てを同時に解決するために、ループさせずにひとつのファイルを使おうと思うかもしれません。もし、ファイルサイズが問題となっておらず、ハードディスクからムービーを走らせているのなら、それがベストの選択かもしれません。


7.Flash5でMP3ファイルを読み込んだ時、ループが上手くいきません。それぞれのループの間に常にギャップができてしまいます。
もしなんらかのサウンドファイルをFlashにてループさせようと考えているなら、我々が調べた限り、生のWAVやAIFF形式でインポートするのがベストでした。元々のMP3ファイルを編集しても、Flashに読み込むとギャップによる無音部分が生じてしまいます。MP3を直接、読み込んだ時は、ループをさせない様にするしかありません。30秒のムービーを使うときは30秒のMP3ファイルを用意するべきでしょう。または、フェイドイン、アウトを使って、ギャップの無音部分を目立たないようにすることも有効かもしれません。


8. フラッシュムービーをAVIやMOVに書き出そうとしているのですが、最終的なAVI、MOVといった形式上でムービークリップが動作しません。どういうことなのでしょうか?
Quicktime5.0を全てのオプションを付けて、あなたのコンピュータにインストールする必要があります。ファイル名を入力した後で、出てくるポップアップのオプションパネルで「データの書き出し」、「quicktime(.MOV)」を選択してください。プルダウンから「標準」を選択、「全てのフレームを再生する」をマークしたらできるはずです!


引用:Web Design Library著者:Bluegelmedia.com翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング