ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeグラフィック講座 > イラストレーターで笹を作る

イラストレーターで笹を作る

投稿日:2006年6月2日   レベル:中級    ソフトウェア:Illustrator


400_401_007.jpg

ダウンロード

1.竹のボディを描く
鉛筆ツールを使って、下のようなイメージを描いて、緑で塗ってください。そして、メッシュツールを使って、ボディの左下をクリックし(pt1)、少し明るい緑(黄緑とか)を選択します。次に、左上にもメッシュポイントを追加しましょう(pt2)。pt2より少し上にpt3を追加します。ここで、pt2の横に最後のポイントを追加して、暗い緑を影として選択します。


2.竹の幹をつくる
作成した竹のボディを選択して、Altキーを押しながらドラッグして、コピーしてください(コピーアンドペーストでもよい)。選択ツールでボディの幅を少し縮めてください。コピーしたモノは オブジェクト>配置>後ろへ、もしくは、Ctrl+[ で、後ろに配置して、重ねて行きましょう。これを繰り返して5,6個積み上げて、竹を作ってください。

400_401_007_3.jpg


3.竹の複製
最初の1本ができたら、再び、Altでコピーしてください。新しく作った竹は フィルタ>変形>旋回(角度=3°) を適用して、全く同じものになるのを避けます。


4.曲がった竹を描く
より自然に見せるために、曲がった竹も作成します。1と2のステップを繰り返して、真っ直ぐなモノ、ねじったモノ、曲がったモノと3種類の竹を作りました。

400_401_007_5.jpg


5.竹を複製していく
竹をどんどんコピーしていってください。形や大きさを変えたりして、同じようなモノにならないようにしてください

400_401_007_6.jpg


6.竹の葉を作成する
左下のような竹の葉っぱのイメージを作成します。そして、色合いの異なった緑を使って色を付けてください。ここでもメッシュツールが効果的だと思います。

400_401_007_7.jpg


7.竹の葉のシンボルを作成する
葉を作成した後、新しいシンボルとするために、それをシンボルパレットにドラッグして入れてください。もし、パレットが表示されていなかったら、ウィンドウ>シンボル かCtrl+Shift+11を実行してください。

400_401_007_8.jpg


8.シンボルスプレーツール
新しいレイヤーを作成して、竹の幹があるレイヤーをロックします(レイヤー1)。シンボルスプレーツールを選択して、先程、作成した葉を選びます。これをレイヤー2にマウスをドラッグして吹きつけてください。

400_401_007_9.jpg


9.シンボルリサイズツール
葉のサイズは様々にしたほうが良いので、シンボルリサイズツールを使います。シンボルの葉を選択した状態で、シンボルリサイズツールを選び、シンボル上で適当にクリックします。こつ:ALTを押した状態でクリックするとサイズが小さくなります。

400_401_007_10.jpg


10.シンボルスピンツール
シンボルを回転させるにはシンボルスピンツールを使います。

400_401_007_11.jpg


11.シンボルシフトツール
シンボルシフトツールを使えば、ドラッグして、葉を広げることができます。

400_401_007_12.jpg


12.シンボルステインツール
明るい黄緑を選択して、シンボルステインツールを使えば、シンボルの色をランダムに変えることができます。

400_401_007_13.jpg


13.シンボルスクリーンツール
シンボルスクリーンツールを使えば、葉の透明度を変化させることができます。

400_401_007_14.jpg


14.後方に葉を作りましょう
レイヤー2での作業を終えたら、リストの一番下に新しいレイヤーを作成してください。レイヤー1、2をロックして、再びシンボルスプレーツールを用いて、ステップ8-13の作業をレイヤー3で繰り返します。

400_401_007_15.jpg


15.竹の幹をさらに加えましょう
最後に小さな竹を付け加えて、後方に配置してください。

400_401_007_16.jpg


16.完成!
これで出来上がりです。

400_401_007_17.jpg


引用:Web Design Library著者:Nick La翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング