ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブプログラミング > PHPを使ったページ数の付けかた

PHPを使ったページ数の付けかた

投稿日:2006年6月6日   レベル:中級    ソフトウェア:PHP


イントロダクション
このチュートリアルでは論理とコードを通して、PHPにおけるデータにページを付けていくといったことを紹介しようと思います。このチュートリアルでのデータはmySQLデータベースから引き出していきます。PHPとmySQLに関して少々の知識があればより、このチュートリアルでの理解が深まると思います。しかし、出来る限り詳しく話を進めていくつもりです。


ページを付けるとはどういうことなのでしょうか?
いくらかの人はページを付けるとはどういうことか疑問に思っているかもしれません。このような疑問にお答えすると、ページを付けるということは、1ページにデータをより強調して得ること、つまり、1つのページに含まれるものを複数ページに分割するということです。似たようなものを以前に見たことがあるはずです。間違った例を見てみましょう、このリンク:Code Listをクリックしてください。下の方を見てください、ページ数があるはずです、さらに右左、”Previous”、”Next”があります。

700_701_002_1.jpg


利益は?
ページ作成はユーザーフレンドリーにおいてとても素晴らしいものです。ユーザーは通常、莫大な量のデータを扱いますが、ページを分割して見やすくします。また、あなたのサイトにも利益があります。ページを作成すれば、サイトの中で情報が散乱するようなこともなくなります。また、ページを自分で作れば、多大な時間の削減にもなります。この方法は、ユーザー自身がページごとに結果を決定できるといった風に改良することも出来ます。


始めるにあたってなにをすればよいのか?
始める前に2、3やるべきことがあります。初めにPHPです。あなたのホストをチェックしてください。次に、mySQLデータベースにアクセスします。データベース部分には必ずしも必要というわけではありません、しかし、このチュートリアルではページ作成があなたのデータベースにおいてちょっとしたアクセントになると思って紹介しました。


引用:Web Design Library著者:allsyntax.com翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング