ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > 光を放って爆発する球体

光を放って爆発する球体

投稿日:2006年6月22日   レベル:初級    ソフトウェア:PhotoShop


黒い背景で新しいドキュメントを始めてください。楕円ツールを使って、キャンバスの中心に円を描いてください、サイズはあなた自身で決めてください。真円を描くときは、シフトを押しながら、楕円ツールを使って描きます。

500_501_024_01.jpg

下のような、レイヤースタイルを図形に設定してください。

500_501_024_02.jpg

色に関しては一致させる必要はありません、あなた自身で決めてください。

500_501_024_03.jpg

500_501_024_04.jpg

そして、レイヤー>ラスタライズ>シェイプ に行ってください。

500_501_024_05.jpg

次に投げ輪ツールを使って、下の私のイメージのように球の中をランダムに選択していきましょう。

500_501_024_06.jpg

シフトを押しながら、選択していくと複数の領域を選択できます。

500_501_024_07.jpg

選択しているレイヤーに形状1が含まれていることを確認して、選択した領域を消去してください。そして、CTRL+Dで選択を解除します。

500_501_024_08.jpg

次に楕円線選択ツールを使って、形状と同じ円形の選択範囲を作成します。

500_501_024_09.jpg

500_501_024_10.jpg

フィルター>変形>球面・・ を選択します。量を80%ぐらいに設定してください。
CTRL+Dで選択解除して、レイヤー>イメージの統合 を行ってください。

500_501_024_11.jpg

変形>極座標・・として、極座標から直交座標を選択してください。
時計周りに90度回転させます(イメージ>画像回転>90°(時計周り))。
次に フィルター>表現手法>風  方向右からを選択してください
CTRL+Fで適当に繰り返します。

再び風で、今度は左から行ってください。
CTRL+Fで繰り返します。

500_501_024_12.jpg

イメージ背景を元の状態に戻します。 イメージ>回転>90°(反時計回り)
そして、フィルター>極座標・・ から直行座標から極座標を選択します。

500_501_024_13.jpg

同じサイズの円形の選択を再び作成します。そして、選択範囲>選択範囲を反転、選択範囲>境界をぼかすを選択、15を入力します。

500_501_024_14.jpg

フィルター>変形>海の波紋・・、波紋の振動数を10、波紋の大きさを2とします。
CTRL+Dで選択解除します。

500_501_024_15.jpg

色を変化させて、バランスを調節します(イメージ>色補正>カラーバランス)。

500_501_024_16.jpg

これが私の作製したカラーバージョンです。

500_501_024_17.jpg

引用:Web Design Library著者:Tutorialwiz.com翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング