スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > SEOの基礎とキーワードリサーチ

SEOの基礎とキーワードリサーチ

投稿日:2006年6月6日   レベル:初級    ソフトウェア:−


SEO(サーチエンジンの最適化)
より多くの訪問客をサーチエンジン、Google、Yahoo、MNS、Ask Jeeves…などから引っ張ってくる為のウェブサイトの構築プロセスを指します。


キーワードリサーチ)
ウェブサイトに対して、SEOで用いられるワード検索の過程のことを指します。


800_801_003_1.jpgSEOを成功させるための最初の一歩は常にキーワードリサーチです。これなしでは、後先考えずに行動しているようなものです。例えば、あなたが料理に関するウェブサイトを作りたくて、あなたのサイトを一般的な「料理」ということに関して最適化するとします。しかし、これがどれくらい上手くいくでしょうか?事実、「料理」というキーワードは1日に8,233.8件の検索がかけられています、これでは上手くいくでしょうか?言い換えると…、このワードで上位にランクされるためには、あなたのサイトがcooking.comやfoodtv.comのような、洗練された素晴らしいサイトで無ければならないでしょう。それはあなたの最終目標かもしれませんが、たった今始めたばかりのあなたのサイトが十分上位にランクされるチャンスが無いわけではありません。少しだけキーワード検索をかけてみましょう、より特定のワード、イタリア料理とすれば、344.3件/日、クロックポット料理なら、253.5件/日となりより競争が少ないことがわかるでしょう。明らかに、1日あたりの検索数が少ないこれらのワードを使えば、あなたのサイトはより上位の
ランクを手に入れることができるに違いありません。競争の少ない、いくつかのワードから始めて、サイトの構築と平行しながら、大きな意味のワードの最適化をはかるのが良いでしょう。


ステップ1:関連するワードリストの作成
excelを開いて、あなたのコラムのサイトに関する、メジャーな専門的用語や流行の言葉のリストを作成しましょう。リストは極端に細かくする必要はありませんから、ブランド名や同じようなワードは必要ありません。例えば、料理に関してなら料理、シェフ、食器、食べ物、肉、乳製品、ワイン、調味料、魚、…(ごく一般的なキーワード) などが挙げられます。


ステップ2:リストの拡張
次は、あなたのサイトの内容に関連した、より特定のワードを与えましょう。この過程においては、2,3のウェブアプリケーションをスピードアップのために使います。http://www.digitalpoint.com/tool/suggestion , http://nichebot.comは、最も使い勝手の良いフリーツールです。単に、あなたが最初に一般的なワードをあげれば、ツールが6,7の関連したキーワードを返してくれます。それをあなたのリストに追加すればよいでしょう。少なくとも50程度のワードを最適化のためにリストアップしてください。


ステップ3:最初とその次のキーワードを探しましょう
Nichebotへ行って、あなたのキーワードを入力してみてください。そして”COUNT”と”RATIO”(それぞれのワードの右にリストされている)を見てください。あなたのデータベースとワードの一致した、2番目、3番目の列を照らし合わせてみてください。1度この作業をあなたのリストを
通して完了させて、最もカウントされたもの、されなかったものを決定してください。上位5-10個のワードを別のリストにまとめましょう。これらが優先的なキーワードです。これらをサイトのトップページの最適化に使うことになります。残ったリストを、率の低いものから高いものへアルファベット順に並べましょう。これらが2番めのキーワードになります。

これで終了です!今、キーワードリサーチの基礎はわかったはずですね。きっと”今って?”と聞きたいと思っているでしょう。もう少しですが、まだ勉強することはあります。オンサイト、オフサイトの最適化を知っておかなければならないでしょう。そして、これらを行うためには様々な方法やツールが必要になるはずです。SEOにおいてどのワードが受け入れられて、何が受け入れられないかが決定される、”white hat”と”black hat”SEOに関することも知っておかねばなりません。次の私の記事で、少しずつそれらのプロセスを教えていきます。最後に、貪欲なSEOを行う会社なんかに頼む必要はありません、ほんの少しのコストで、できるのですから。


引用:Web Design Library著者:Dane Lyons翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング