スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > SEO対策とは

SEO対策とは

投稿日:2006年6月6日   レベル:初級    ソフトウェア:−


800_801_001_1.jpg
ウェブサイト上には、これからネットを使おうとする人、もしくは現行のネットサーファー達には気づかれていない数千のウェブサイトが存在しています。本ガイドは資本を要さずにサイトランキングを向上させたいユーザーに対して、最適な情報を扱っています。

検索エンジンの最適化を考えた場合、様々な側面があります。それ自身のフィールドは、一見複雑にみますが、GoogleやSEOによってとてもシンプルに改善されました。成功には近道は存在しない、ということの最も適切な例であり、あなたのサイトランキングは忍耐と勤勉な努力を伴えば、時が経つにつれ成し遂げられるはずです。
SEOは次のように分類できます。

1. キーワードの最適化
2. メタタグ
3. 検索ロボット
4. リンクの人気

最初に検索エンジンとはどういうものであり、何を行うのものなのかを見ていきましょう。検索エンジンに対し様々な定義が存在するのと同時に、我々は検索エンジンを特定の問いかけに合ったウェブサイトを示し、ページリストの結果や応答を保存することに従事しているサーバーやサーバーの集合と要約しています。索引は通常スパイダーを用いて一般化されます。有名な検索エンジンといえば、Altavista, Excite, Hotbot, Infoseek, Lycos, NothernLightやWebcrawlerとかですよね。Yahooは直接に検索エンジンではないということを気づいてください。SearchEngineという用語はしばしばディレクトリと検索エンジンの二つを表すために用いられます。


1. キーワードの最適化
タイトルが説明しているように、キーワードの最適化はキーワードの関連性におけるあなたのサイトの最適化を扱います。例えば、あなたが花の配達業のサイトを持っているとします。ここで使用されるキーワードは花、配達、無料配達…などになるはずです。さて、明らかな疑問が生じます、”いかにして自分のサイトの最適化をおこなうべきか?”インターネット上には最適化のための様々な無料ツールが存在します。次のような例はひとつの序章となるでしょう。あならがキーワードを入力したとき、%という点で最も検索されたキーワードのリストを得ることになります。これはあなたが進もうとしているある種の競争に十分な光を照らすでしょう。 検索エンジンはとても利口です。あなたが、もし、キーワードの密度を増やすがために、ただ“花”という言葉を100回打ち出そうと思うなら、サーチエンジンはただ単にあなたのサイトを索引するわけではありません。キーワードの重みを心がけてください。重みとは、1ページにおいて、キーワードの量は少なくとも9~10%としてください。あなたのウェブページの言葉のならびにおいて、100語毎に少なくとも9回はキーワードを繰り返してください。


800_801_001_2.jpg
2. メタタグ
メタタグといった記述はウェブサイトを検索するロボットによって認知されます。これらのタグはウェブページにおいては可視表現されず、ただ、コードの中に記述されているだけです。HTMLコードのセクションの中に記述されたメタタグを見つけることができると思います。メタタグはキーワード、サイトの記述、内容等を含むことができます。サーチエンジンがあなたのサイトを捜索するとき、その読み方が決定的に違います。次の例を見てみましょう、あなたのサイトが花を扱っているとします、そして最初のブラウザ上のテキストが”ABC花屋にようこそ”であり、一方、メタタグに”花の販売”を記述しているとします。訪問者の最初に目に入るのは、”ABC花屋にようこそ”となりますが、スパイダーがはじめに見るのは、”花の販売”になるわけです。
あなたがたのほとんどは、検索エンジンにキーワードを入力し、URLや短い記述を見ることになることを知っていると思います。この記述はメタタグのタグから抜粋されたものなのです。競争力の高いキーワードをターゲットにする代わりに、幅広い視点から細かなキーワードやフレーズを用いてみましょう。この方法で、一つのキーワードによって、よいアクセスランクが得られずとも、他の花屋に関連したキーワードによってよい結果が得られるでしょう。


3. ロボット
ロボット、ボットと普段呼ばれるものは、ウェブサイト上を動き回り、メタ記述タグから情報を集めるように、プログラムされたスクリプトです。ロボットはサーバーに情報を溜め込み、キーワードに従って索引します。次の例を考えてみましょう。あなたが花の配達を扱うサイトを開いています、そこであなたのキーワードがただ、バラとユリであったら、花屋というキーワードを設定した時よりも、サイトの検索にかかる可能性はかなり高くなるでしょう。様々な異なった人々がサイトを利用しているということを心に留めとかねばなりません。全くあなたが予期したシナリオとは異なった、ある人は、花の研究のためにバラと入力し、あなたサイトを開くこともあるでしょう。キャッチフレーズはあなたのキーワードを適切に表すものなのです。


4. リンクの人気
私はとってもかっこいいページランク、リンク人気の定義を見かけました。人々のコミュニティを考えてみてください。Bさんを知っているAさんを知っています。BさんはAさんをCさんに紹介します…、となってZさんまでいくわけです。この過程の中で起こっていることは、Aさんの人気がより高いリンクポピュラリティや、アクセスランクを増加させているのです。つまり、別のサイトとリンクする必要があるということです。これによって、検索エンジンがあなたのサイトを上位のアクセスランク、言い換えれば人気を得るかどうかのリストに入れるということにつながるわけです。一方、あなたが出会ったサイト全てにリンクを貼っていっても、いくつかのサーチエンジンはあなたの関連したサイトからのみしかランクを与えません。だから、もしあなたが花屋ならば、医薬、健康に関するサイトへのリンクを受け入れる必要はありません。もう一歩進んで、文具、贈り物、チョコレートを扱うサイトにリンクするということに関してもです。SEOは認知されるためのフィールドです。そのサービスの提供により、単にSEOを信頼して会社は築かれてきました。お金を消費したり、手がかりの無いところでの仕事を他の誰かに任せる代わりに、自分自身で始めることはとても良いことです。そして必要性が専門家への要求を生じさせます。このような方法は、まさに戦略を知り、散歩に連れて行かれるというよりは、制御された系に入ることになるのです。


引用:Web Design Library著者:John Benjamin翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング