スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

HomeFlash講座 > シェイプヒント

シェイプヒント

投稿日:<2006年6月20日>   レベル:初級    ソフトウェア:Flash


1.このチュートリアルで形状変形アニメーションにシェイプヒントを加えていくことが出来ます。

2.新しいファイルを作ってください。

表示>ルーラー

表示>ルーラー>グリッドの表示

表示>グリッド>グリッドの編集(10×10px)

3.中心を取るために水平、垂直ガイドラインをドラッグしてください。

表示>ガイド>ガイドのロック

4.’I’を適当なサイズでタイプしてください。テキストを選択して

修正>分解

テキストを切り取って、中心に貼り付けてください。

5.フレーム15を右クリックして下さい。空白のキーフレームを挿入します。そこで、’I’と同じ大きさ、フォントで’C’を入力してください。

修正>分解

テキストを切り取って、中心に貼り付けてください。
6.フレーム1から15までの間でどこでもいいのでクリックしてください。

修正>フレーム

500_501_021_01.jpg


トゥーンインからのドロップダウンメニューから‘シェイプ’を選択します。
7.このような、出力を得られるはずです。


このアニメーションに変化を与えるためにシェイプヒントを加えていきます。

8.最初のフレームを選択しましょう。

修正>シェイプ>シェイプヒントの追加

赤色で、’a’という文字のシェイプヒントアイコンが使えるはずです。

同じことを繰り返して、’b’と’c’のシェイプヒントを作製しましょう。

それらを下図のように配置します。

500_501_021_02.jpg


9.フレーム15を選択してください。

文字’C’に関しても8番目のステップを行って下さい。

500_501_021_03.jpg


10.下のようなアニメーションが出来たはずです。


11.下のようなタイムラインに従って、スムーズなアニメーションを作成しましょう。フレーム15から20までは同じ形状を保ってください。


シェイプヒントを使って形状’C’から’I’、フレーム20から35までをトゥイーンさせます。

500_501_021_04.jpg

12.ファイルを保存してください。


引用:Web Design Library著者:Atul Thakur翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング