ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > 強力粘着力のあるウェブサイトをつくる

強力粘着力のあるウェブサイトをつくる

投稿日:2006年6月20日   レベル:中級    ソフトウェア:−


ウェブサイトがどんどん一般的になっており、従来の媒体に取って代わり、人々は製品やサービスをウェブで探す時代になりつつあります。

このような、オンラインワールドがどんどん浸透している日々で、あなたは人の心をがっちりつかんで、より多くの人に、何回もウェブサイトを訪れてもらわなければなりません。

最初に確認すべきことは、サイトのコンテンツをできる限り定期的に更新しているかということです(定期的にとは、職種によっても状況が違うでしょうし、週おき、月おき、それは様々です)。これは、文章や写真、または、季節ごとにデザインの変更など、ウェブの色々な要素が該当します。Googleはロゴグラフィックをイベントごとに、デザインを変えています。

一度コンテンツをリフレッシュしたら、訪問者はもう一度訪れる理由ができます。多くの人にとって、販売している製品やサービスは日用品であるとはいえないと思います、よってビジネスに反映されるのはごくたまの購入になるわけです。

もし、コンテンツが定期的に更新されていれば、それに合わせて、訪問者が再びサイトを訪れてくれるようになるはずです。
これを繰り返して、より訪問者を引き付けていけば、そのうち強力な粘着力で訪問者をにがさないサイトになっていくはずです!
この少しわかりにくい要素が、あなたのビジネスの発展に大きく寄与するのです。

100_101_020_1.jpg  100_101_020_2.jpg  100_101_020_3.jpg


考えられる選択肢は

−ディスカッション用フォーム
−オークション/ 分類広告
ーピクチャーギャラリー
ー利用者の感想

それぞれについて見ていきましょう。

ディスカッション用フォーム

ディスカッション用フォームは、あなたのサイトの利用者を再訪問させるのに、適した方法です。ここでのポイントは、いかにサイトにユーザーを引き付け、放さないかということですから、フォームでコメントを投稿したユーザーは、その返事を見るためにかならずもう一度サイトを訪れることになるでしょう。この形式は質問とその答えで構成されるので、問題に上手に答えれば、さらに訪問者を増やすことができるでしょう。

オークション/分類広告

オークションや分類は人々をサイトに再訪問させる方法としても有効です。Trademe in New Zealand Internet などはオンラインオークションで成功を収めた例として知られています。このように自己のオークションシステムを利用すれば、サイトは利益をあげられるでしょう。

もし、オークションシステムを構築できないなら、分類広告を使って、訪問者に商品やサービスを取引できる場を提供することができます。利用者はこのサービスのためにサイトをたびたび訪れることになります。しかし、これらのサービスを利用するに当たっては、お金をじかに動かすことなので、遊び半分でやらないことです。システムはできるだけシンプルに、危険性の低いものに仕上げなければなりません。

100_101_020_4.jpg  100_101_020_5.jpg  100_101_020_6.jpg

ピクチャーギャラリー

多くのサイトで、ピクチャーギャラリーを見かけると思いますし、もしかしたら、あなたもサイトに設置しているかもしれませんね。しかし、今、提案するのは、粘着性のあるもので・・利用者が彼らの写真を投稿できるようなものです!ここにコメントを投稿できるようにすればさらに強力になります!!あなた自身は、あなたの写真にコメントなんて欲しくないかもしれませんが、実際にはそうすることで多くの再訪問者を獲得できるのです。

利用者の感想

ギャラリーと似たものですが、商品やサービスの感想を掲載するというものです。あなた自身は最高の製品として販売しているでしょうが、それを購入する人にとっては何の裏書もない製品を購入することになるのです。そこで、購入者の感想を掲載することで、より確実性のある商品として、信用されるでしょう。しかし、購入者の感想が常に良いとは限りません、時として、不満もあるでしょう。それこそ、あなたの商品を改善するきっかけだと思います。

要約

普通、素晴らしいウェブサイトが、最高にかっこいいデザインであるとはいえません。それらは常に再訪問させるような情報を発信しているサイトなのです。時間がある限り、毎日サイトを更新してください。ここで紹介したようなオプションをつければ、更新すべき情報も増えるはずです。サイトの利用者の立場に立って、サイトを発展させていきましょう。コストがかかるようなものもあるかもしれませんが、再訪問者が増えれば投資も無駄にはなりません。

答えは簡単です・・みんながもどってくるような強力粘着サイトを作ることです!

引用:Web Design Library著者:Steven Gardner翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング