ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > Webサイトにおける代表的な10のミス

Webサイトにおける代表的な10のミス

投稿日:2006年6月7日   レベル:初級    ソフトウェア:−


800_801_010_1.jpg近頃、サイトはどんどん進歩しており、シンプルでありながら、質の高いサービスを提供しているサイトが増えています。しかし、一部のサイトにおいては、明らかな間違いを放置しているものも見かけます。 ここでは、ビジネスに支障をきたすような、ウェブサイトにおける代表的なミスについて挙げてみました。

1. Under construction という言葉を載せること。 ”under construction( 作成中 )” とウェブサイトに載せるのは、初心者がまるでウェブ構築に苦労しているように見えます。ウェブサイトはその時点で動作していることが前提です。もし、サイトの作成が完了していないなら、ウェブ上に公開する必要はありません。

2. 訪問者数カウンター。訪問者は通常、多くの人があなたのサイトを訪れていることにはなんの感想も持たないでしょう。しかし、訪問者が余りにも少ない場合は、精神的にサイトを疑たり、多すぎる場合は事実でないような捉え方をしてしまうものです。このようなことを考慮すると、カウンターは設置しないのが良いと言えるでしょう。もし、サイトに来た人数をしりたければ、アクセス解析を利用することをお勧めします。

3. コピーライト宣言の欠落。あなたがウェブサイト上に公開しているもの、記述していることについては、コピーライトを付けることが可能です。全てのページにコピーライトとその有効年を記述しましょう。

4. テクノロジーの使いすぎ。巷にはすごいテクノロジーが多くありますが、訪問者にとっては常に快感であるかどうかは疑問です。新しい技術を導入するか、シンプルにするかはあなた自身が選択しなければならないことです。ウェブサイトを機能的にしたければ、後者を選択するのが無難でしょう。

5. 受身的な文体。サイトのコピーを書くときは、能動的な文体を使いましょう。そのほうが、より力強く、活発なイメージを与えます。会話体のウェブサイトはより良いと思います。

6. 長い文章。長い文章は退屈です。短く、シンプルに読みやすくすることを心がけてください。

7. ページの長さ。ページは簡潔に、短くするようにしましょう。人は読むことに明きやすいので、その許容量に合わせる必要があります。内容がとても多くなる場合は、トピックスに分けて、内容を適切に案内してください。

8. 商品やサービスの利点が明確でない。人がものを購入することには2つの理由があります。ひとつには痛みを取り除くため、もうひとつは、楽しみのためです。あなたの商品やサービスがどれくらい彼らの痛み/楽しみについて効果的かを伝える必要があります。

9. 訪問者に働きかけることを怠る。マーケティングでは、これはCall To Actionと知られています。常に、次に訪問者にどうしてほしいかを示すようにデザインされている必要があります。私のニュースレターにサインして、すぐにオーダーしてください。

10. 元をとる。ウェブサイトを作成したら、それを周りに知らせましょう。そこを怠れば、あなたのサイト建設にかかった元すらとれません!!


引用:Web Design Library著者:Maricon Williams翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング