ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > Webデザイナーの選び方

Webデザイナーの選び方

投稿日:2006年6月20日   レベル:初級    ソフトウェア:−


ウェブデザイナーを雇うことはウェブデザイン業界に参入する、そのようなことに関して大きな一歩となります。その上、そこにおける決定はビジネスに非常に大きな影響をもっています。

100_101_017_1.jpg


近く、ウェブデザイナーを選ぶことになるあなたのために、明確なウェブデザイナーの選び方を教えたいと思います。

1.知っておくこと。最初に、ウェブデザインの技術について基礎的な部分は知っておく必要があります。ビジネスに参入していくにあたって当然のことですが、全体を理解しておくことは必要です。知識があれば、デザイナーが素晴らしいか、月並みかはそこそこ判断できるでしょう。あなたの会社で作られたデザインに関しても意見が持てるはずです。

ビジネス環境に鈍感であれば、チャンスは簡単に逃げていき、遅かれ早かれ業績は下降線・・ということになります。そんな目にはあいたくありませんよね?
そのようなことを起こさないように、あなたのいるビジネスの世界を探索してください。多くのウェブサイトを見て、たくさんの本を読み、多くを吸収しましょう。

2.基本を確認する。ウェブデザインのエキスパートに接触を試みてください。彼らから、ウェブデザインのノウハウを聞き出しましょう。

デザイナーのクライアントから意見を聞くことも重要です。過去の失敗を知ることも役立つでしょう。
有名なサイトを眺めてただ単に説得されてはいけません、それらが優秀である理屈を考えてください。そこから、重要なポイントが見えてくるでしょう。

3.グラフィックデザインが最も重要なことではないことをわかってください。グラフィックデザインだけがウェブデザイナーを選ぶ基準ではありません。重要ではありあますが、ウェブサイトを構築する、1つの要素にすぎません。

デザイナーの探索において考えるべきことは、形式(グラフィック)と機能のバランスです。形式が圧倒的に得意な人物は、リスクも持っています。構成力などはどうでしょうか?しっかりと確認してください。構成力に欠けると、飽きられるウェブになってしまう可能性が高くなります。バランスが取れた人材を探すことが重要です。

デザイナーに重要なことは、製品を売れるウェブサイトを作れるか?ということです。

もちろん売れるウェブサイトにもいくつかのゴールがあります。そのゴールに導くのがウェブデザイナーの仕事です。

4.安物買いはよくないことが多いです。ウェブサイトはただ作ればいいものではありません。正しく作らなければなりません!質の高いウェブサイトはある程度お金をかけてこそ出来るもので、最低賃金によって雇ったデザイナーでは失敗する可能性が多いと思います。

質より量と考えてはいけません、ビジネスをだいないしにしてしまいますよ!

引用:Web Design Library著者:webdevelopmentpros.com翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング