ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > SEOとSFOのすべて

SEOとSFOのすべて

投稿日:2006年7月4日   レベル:−    ソフトウェア:−


まず言葉の定義から始めましょう。
SEO: 対検索エンジン最適化 SFO: 検索利便性最適化

ほとんどのサイト管理者はこれら2作業間のバランスのとり方に苦労しているものです。この二つは常に両極端に位置しているといえます。あなたはサーチエンジンが問題なくサイト内を巡回でき、 同時に閲覧者数を維持できる見栄えのよいサイト概観を作らねばなりません。


SEO対策検索エンジン最適化

これらのことはあなたがどのようなサイトを構築するかにより異なってきます。実際の事業で靴を販売している会社のwebサイトではサイトを閲覧者から見て閲覧しやすいものとして維持することに焦点が当てられます。flashコンテンツや視覚的指示性の強い図表を用いることも重要となります。対照的にオンライン商品やe-commerceなどを取り扱うサイトではSEOを優先させて行うことになります。両方の例を使って話を進めることにします。


まずSEOについて述べたいと思います。SEOを行うにあたってはまずmeta tagについて触れなければなりません。近年さまざまなmeta tag生成器が生成作業簡素化のために作られています。しかし私はあなたや私のような作業を行うものはそれぞれ最適化の対象とする検索エンジンにあったmeta tag生成を行うべきであると思います。まずあなたはサーチエンジンについて研究し、検索エンジンがどのようにサイトコンテンツを取得し、meta tagの中で検索エンジンに必要とするものや利用可能となるものを取得するかを調べるべきです。


私のサイトはgoogle用に作成されているので、blogのソース上にはgoogleが利用できるtagが埋め込まれています。サイトsitesubmit.caでは対検索エンジン最適化を行うに当たってあなたを補助する知識を得ることができます。そのサイトの利用には会員登録が必要ですが、サイト内にある資料はそれに見合う価値があり、登録は無料で行えることから利用する価値は十分にあるでしょう。SEOに関する知識やツールが豊富に用意されています。


サーチエンジンを研究する上でランキングシステムを忘れてはいけません。どのようにして検索エンジンの検索結果表示順位が決定し、ユーザーが検索した時にどの結果がまず表示されるようになるかを調べましょう。googleにおいてのgooglerankやさまざまなところで使われるpage rank などがこれにあたります。これと同じくらいの作業をあなたのサイトの主題に合わせたサイトコンテンツを追加し、サイトにおけるキーワード密度などの評価を
上昇させる作業でも行う必要があります。

引用:Web Design Library著者:Teeyes Siva翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング