ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > クリック課金型広告での5つのポイント

クリック課金型広告での5つのポイント

投稿日:<2006年8月1日>   レベル:初心者    ソフトウェア:−


800_801_014_1.jpgウェブ上には自社の製品を載せた企業のサイトが山のようにありますが、その中であなたの会社や製品、サービスを目立たせるにはどうすればいいでしょうか?


あなたはきっと「効果的なマーケティング」のようなことを即答するでしょう。でもどうやって?ウェブページを次々とぼんやり斜め読みしているユーザの目を引くにはどうすればいいのでしょう?典型的なウェブの読者はオンラインの記事を読むのに30秒も費やしませんが、そういった読者の注意を保ち続けるには?オンラインでの売り上げを獲得するには?


マーケティング・テクニックの1つは、検索エンジンに載せることです。でも、繰り返しますが、あなたと同じ製品、サービスを提供しているたくさんの企業がある中で、興味を引こうとする叫びはどうすれば聞いてもらえるでしょうか?


1つの方法としては、クリック課金型広告、PPCがあります。これは、広告文を書いて検索エンジンに登録し、あなたが選んだキーワードの下にそれを載せるというもので、広告の位置に対して料金を支払います。この方法によって、サイトを訪れる対象を、あなたの製品やサービスを積極的に探している人々に絞り込むことができます。


誰かが広告を見てクリックし、あなたのサイトを訪れたとします。その際、あなたは広告掲載料を支払います。原則として、入札額が高いほど、あるキーワードによる検索結果の一覧で広告が上のほうに掲載されます。ですので、より多くの人々があなたのサイトを訪れるようになるのです。


PPCを使って客の範囲を広げることもできますが、大変高くつくことになるかもしれません。特に、人々が単なる好奇心で広告をクリックしたり、予算を超えて多くのキーワードに金をかけてしまったりする場合です。しかし、PPCによって客を獲得し、利益を増やすことも可能です。うまくやれば、儲かるでしょう。


では、PPCを最大限に活用する5つのコツをお教えしましょう。


具体的なキーワードを10個選ぶ
例えばあなたが運動器具を専門に扱っている会社なら、「運動器具」や「体操」というキーワードを選んではいけません。こういう同じキーワードで上に行こうとしている無数の入札者がいる可能性が高いのです。キーワードは具体的にしましょう。「ルームランナー」や「エアロバイク」としてみてください。また、可能性のある客がどのような反応をするかという予備調査のために、最大でも10個のキーワードにしましょう。もし最初の10個でうまく市場が拡大すれば、具体的ではない追加のキーワードも調査してみます。しかし最初の試みで満足のいく結果が得られなかったら、余裕があれば別のキーワード群を試してみましょう。


広告には本当の事を書く
広告を書く人たちはほとんど、自分たちの商品が最も重要であり、すべての問題を解決すると言いふらします。こうすると、ウェブのユーザたちは広告をクリックしてサイトに押し寄せるでしょう。製品やサービスが広告どおりに約束を果たしてくれるなら、それも結構です。でも、もし約束どおりでなかったら?客はクリックし、あなたは掲載料を支払います。でもその客は製品やサービスを買ってくれません。あなたの払い損です。


簡潔で正確な広告、あいまいな言葉のない広告を書きましょう。「タダ」「ローコスト」「非常に効果的」「安い」といった言葉は使わないようにしてください。キーワードに合うように広告を書き、できれば、広告に値段を入れましょう。こうすれば、あなたの製品やサービスをすぐにでも喜んで買ってくれる人が見つかるはずです。

広告料の予算を立てる
全力を尽くして広告の値段を付けるのは魅力的です。特に、製品が売れると思っている時はなおさらでしょう。でも、もし、売れなかったら?月々の広告予算は100ドルほどにしておいて、じょうずに入札しましょう、金額が多すぎれば資金を使い果たしてしまいますし、少なすぎれば広告を見てもらえません。


あなたの製品を信頼していても、予算内を守りましょう。入札競争に参加してはいけません。特に、あなたより予算がずっと多い広告主を相手にしてはいけません。入札のことを考えて時間を無駄にしないでください。その代わりに、広告の先にあるもののデザインに時間を使いましょう。


サイトをプロフェッショナルなものにする
ウェブデザインの原則が適用されます。コンテンツの綴りや文法が正しいかどうかチェックしましょう。内容を定期的に更新しましょう。リンク切れや見えない画像は全部修正します。ナビゲーションや読み込みが簡単になるようにサイトを設計します。Flashアニメーションは客のブラウザの動作を遅くするので、使わないようにしましょう。広告は、あなたのサイト内でまさにその広告が示している製品やサービスを載せているページにリンクしましょう。


止め時を心得る
PPC広告を使えば、より多くの客をあなたのサイトへと導いてくれますが、費用対効果をチェックするように気をつけてください。もしすでに倍の予算を使ってしまったのに、ほとんど、あるいはまったく売り上げがないのなら。広告を止めることを検討しましょう。クリック数の伸びを調べることもできます。広告の平均的なクリック数は合計300です。あなたの広告のクリック数が300に達しているのにまだ売り上げがないのなら、PPCのプロジェクトは終了させましょう。


いつ止めるべきかを知っているのと同様に重要なことは、すべてを失ったわけではない、まだやれる、ということがわかっていることです。ウェブでビジネスをやっていくというのは、時間や金、労力をつぎ込むということなのです。ですから、利益が上がっているうちはPPCを継続していきましょう。何しろ、PPCの第一の意味は「pay-per-click(広告課金)」かもしれませんが、うまくやれば、すぐに「Profiting Perfectly in Cash(申し分なく儲かる)」という意味になるのですから!

引用:Web Design Library 著者:Daegan Smith  翻訳:RET



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング