スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > SEO対策を極める

SEO対策を極める

投稿日:2006年8月18日   レベル:初心者    ソフトウェア:-


800_801_015_1.jpgみなさんはSEOキングになりたいですか?そもそも``SEO''とは何でしょう?では、少し説明しましょう。SEOとは「検索エンジン最適化」のこと。検索エンジンの結果一覧で、ウェブサイトの順位を上げるために使われるいくつかの方法のことです。


はい、では、SEOとお金に共通していることは?これはとても簡単ですね。あなたのウェブサイトに良いSEOがされていれば、あなたのサイトに訪れる人が多くなります。たとえば、2つのサイトを考えてみましょう。一方はSEOがされていて、もう一方にはされていません。さて、ある無作為に選んだインターネットユーザが、グーグル検索で何か適当な言葉を探します。ここで問題:ユーザが訪れるのは、どちらのサイトでしょう?はっきりした答え:SEOがされているほうです。なぜなら、SEOがあれば一覧中で良い場所に表示され、このページにある情報のほうが探しているものと関連が高そうに思えるからです(実際には状況が違いますが)。


次に、あなたのサイトに来るユーザが増えることを考えてみましょう。あなたはグーグル・アドセンスを利用していますか?きっとそうだと思います。訪問客が増え、クリック数が増えれば、あなたに入ってくるお金もどんどん増えるのです。間違いありません。良いSEOがあれば、(正比例の関係で)お金も増えるのです。


さて、どうやればSEOを改善できるのかについてお話ししたいと思います。必ず守るべき、基本的なことがいくつかあります。タイトルタグにキーワードを含める、ドメイン名にもキーワードを入れる、ディレクトリやファイル名にもです。さらに、見出しの中や、本文中の太字や強調のところにも。本文中でキーワードの出現頻度も大切で、最初の段落に必ずキーワードを入れましょう。キーワードの近さや、画像のalt属性に書くキーワードも大切です。


ちょっと例を挙げてみましょう。「果物」(他の何でも構いません)に関して、もっとも訪問者数が多いウェブサイトを作りたいとします。そうすると、「果物」というキーワードをあらゆる場所に書くべきです。まずドメインは「www.fruit-something.com(www.果物何とか.com)」、タイトルは<title>果物</title>となります。メタタグにも果物と書きましょう。本文にも最低3回、うち1回は最初の段落に書きます。h1要素を使い、<h1>果物</h1>のような感じでページに入れます。そして忘れてはいけないのが、本文の残りの部分にも果物に関係があることを書くことです。関係のないものは書いていませんか?よろしい。すべて大切なことです。しかし、真のSEOキングになるためには、さらに進まなければなりません。以下に述べることは、検索エンジンのアルゴリズムを考慮した内容です。サイトの年月(新しいものほど順位が高いようです)、ドメインが登録されてからの経過期間(昔から登録されているものほど順位が高くなります)、内容の新しさ(誰にわかるのでしょう?)、定期的な更新と新しい内容の追加(毎日新しい内容を追加しましょう)、リンクの新しさとリンク先サイトの評判(悪いサイトへは決してリンクしてはいけません)、標準的なサイト上の要因や、反対にマイナス評価となる要因(たとえば、SEO目的でメタタグに大量のキーワードが書かれたサイトは点が下がります)、内容のユニークさ(コピーではなく、何か新しいことを書きましょう)、内容と関連する言葉(検索エンジンが、ページの主内容と関連があると結びつける言葉)、外部からのリンク、その外部からのリンクに書かれているアンカー文と、外部からのリンク元のサイトやページの文(一番良いのは、順位が高く内容もとても良いサイトからリンクされることです)、HTMLコーディングの質、コーディングエラーの存在(そう、正しくね)。安全ではなかったり不法だったりする内容(ポルノ的な内容のものは安全ではないと見なされるので、作ってはいけません)は良くありません。外部へのリンクが切れているのも良くないです。とにかくいろんなことがありますが、何よりも、「サイトを役立たせましょう」。


結局のところ、ウェブサイトの質を向上させるというSEOのやり方は、単に検索結果の順位を操作しようとする短期間のやり方よりも長生きしやすいのです。一番のSEOは、検索エンジンが推進しようとしているもの―ユーザに対する適切で有用な内容―と同じものを狙うことです。ウェブサイトの質を向上させるというのは、次のようなことです。

1. きれいでロード時間が短く、それでいて内容が充実しており頻繁に更新される(グーグルのロボットの訪問回数が多くなる)ウェブサイトにする
2. ウェブの「より単純な」という決まりごとを守っているウェブサイトにする(短く分かりやすいタイトルや簡単なナビゲーション。ブラウザのボタンを使えなくすることや、キーワードを詰め込むこと、あからさまなSEOは、してはいけません)
3. 自然なリンク構造にしましょう。階層からのリンクは数回で、双方向リンクや3すくみのリンクは最小限にしましょう。明らかな売買のリンクや、意図的なPR操作(売買や占有)、評価が低いサイトへのリンクは、してはいけません
4. 自動生成された無意味な内容や機械が翻訳したような内容はやめ、オリジナルの、有用なサイトにしましょう
5. 技術的なエラーのあるページや二重のページはよくありません。正しいrobots.txtやサイトマップ、カスタマイズしたエラーページを用意しましょう
6. サイトを最適化するときには、誰もがグーグルを念頭においているようですが、サイトの訪問者をグーグルよりもずっと効率的に上げるためには、ターゲットを絞って役に立つ流れを増やしてくれる、ぴったりの検索エンジンもいくつかあります。

こういったことすべてを考慮すれば、アドセンスでの収入は瞬く間に増えるでしょう。自分のサイトを見て、自問してみてください。あなたのサイトは、しっかりと最適化されたページに必要なことをすべて満たしているでしょうか。もし満たしていなければ、修正しましょう。細かいところまで重要です。最高のウェブマスターだけがSEOキングになれ、最大の利益をあげられるのです。徹底的にやりましょう!

引用:Web Design Library 著者:Marek Stacho 翻訳:RET



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング