ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > グラフィティテキスト

グラフィティテキスト

投稿日:2006年10月31日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop



このチュートリアルでは、下のようなテキストの作り方を紹介します。このチュートリアルを理解すれば、どんなテキストでもグラフィティのように描くことができるようになりますよ!

グラフィティテキスト


Step1 − 

新しいドキュメントを開いてください。私は、200×150のサイズで始めます。


Step2 − 背景をブラシで汚す

背景をブラシで汚すことで、道端の壁のようになります。ここでは、下のような背景を使います(もちろんあなた自身が好きな背景でかまいません)。

背景をブラシで汚す


Step3 − テキストを入力

ここで新しいレイヤーに、テキストを作成します。ここでは"ravie"(このフォントは$40ドルでダウンロードできる有料のものです)を使いますが、どんなフォントでも構いません。ただ、ある程度大きく書いた方が加工が美しくなります。

テキスト入力


Step4 − レイヤー効果

テキストレイヤーを選択して、右クリックでレイヤー効果を開きます。

レイヤー効果


Step5 − レイヤー効果の設定

そして、次のように設定をおこなってください。

ps_9811_5.jpg


Step6 − レイヤー効果の設定後

これら全ての効果を適用すれば、下のようになるはずです。

レイヤー効果設定後


Step7 − オーバーレイに設定

ここで、テキストレイヤーのモードをオーバーレイに設定してください。これによって背景が透けてみえるようになり、グラフィティらしくなります。

オーバーレイに設定


Step8 − 完成

最終完成版です!

グラフィティテキスト


引用:Web Design Library 著者:Jack翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング