スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > デジタルイメージ

デジタルイメージ

投稿日:2006年12月08日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop



Step1 − イメージを開く

編集するイメージを開いてください。今からおこなう編集はシンプルな背景の写真を使うとやりやすいです。
イメージを開く


Step2 − サイズを増やす

画像サイズ(イメージ>画像サイズ)で、イメージのサイズを増やしてください。2000×3000ピクセル程度にすると、出来上がりが良いと思います。
サイズを増やす


Step3 − モザイクフィルタ

モザイクフィルタ(フィルタ>ピクセレート>モザイク)を、セルサイズ8で適用します
モザイクフィルタ


Step4 − 輪郭検出

輪郭検出(フィルタ>表現手法>輪郭の検出)をおこないます。
輪郭検出


Step5 − 明るさの中間値

明るさの中間値(フィルタ>ノイズ>明るさの中間値)を半径2ピクセルで適用します。
明るさの中間値


Step5 − 自動選択ツールを選択

自動選択ツール(W)を選択して、次の設定を適用します。
許容:8
アンチエイリアス:チェック
隣接:チェック
この設定で、自動選択ツールで白い部分をクリックして、選択位置を反転させます( Shift+Ctrl+I )。
自動選択ツール


Step7 − 明るさの中間値

明るさの中間値(フィルタ>ノイズ>明るさの中間値)を半径3で適用します。
明るさの中間値


Step8 − 中間値フィルタ

選択を解除( Ctrl+D )して、明るさの中間値フィルタ(フィルタ>ノイズ>明るさの中間値)を半径1で再び適用します。
中間値フィルタ


Step9 − 自動レベル補正

自動レベル補正( Shift+Ctrl+L )を適用します。
自動レベル補正


Step10 − 明るさの最小値フィルタ

明るさの最小値フィルタ(フィルタ>その他>明るさの最小値)を半径1ピクセルで適用してください。
明るさの最小値フィルタ


Step11 − 反転させる

反転させます( Ctrl+I )。
反転させる


Step12 − レイヤーを複製

現在のレイヤーを複製して( Ctrl+J )、レイヤーモードをオーバーレイにします。そして下のレイヤーと結合( Ctrl+E )させてください。
オーバーレイに設定


Step13 − 色相・彩度の変更

色相・彩度( Ctrl+U )ウィンドウでイメージのカラーを変更してください。私は、色彩の統一にチェックをいれて、色相:100、彩度:100にしました。
色相・彩度の変更


Step14 − スクリーンに設定

レイヤーを複製します( Ctrl+J )。新しいレイヤーのモードはスクリーンにしてください。
スクリーンに設定


Step15 − 輪郭検出フィルタ

輪郭検出フィルタ(フィルタ>表現手法>輪郭の検出)をおこないます。
輪郭検出フィルタ


Step16 − レイヤーを反転

現在のレイヤーを反転させます。
レイヤーを反転


引用:Web Design Library 著者:FotoFects翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング