ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

HomeHTML&CSS講座 > メタリフレッシュ

メタリフレッシュ

投稿日:2006年12月26日   レベル:初心者    ソフトウェア:DreamWeaver
メタリフレッシュ Bradyのチュートリアル、メタリフレッシュへようこそ!ここで必要なものはプログラム:ノートパッド、Microsoft FrontpageもしくはDreamWeaverと時間:2、3分です。


Step1 − メタリフレッシュとは
基本的に、メタリフレッシュは、javaやphpよりもシンプルな再読み込みの方法です。 メタリフレッシュのコードにおける基本的な部分は、contentとurlの2つに分類されます。contentはリフレッシュまでの時間、urlはリフレッシュ後移動する先を指定します。 このチュートリアルでは、TutorialFXのページへ移動するように設定します。
<meta http-equiv="Refresh" content="5;URL=http://tutorialfx.com" />

Step2 − 解説

<meta http-equiv="Refresh"
ここで、リフレッシュを指令したいことを表示します。

content="5;
contentでリフレッシュに要する時間を指定します。

URL=http://tutorialfx.com" />
URLで移動先のページを決定します。例の中のURLを別のページに変えれば、指定したページに移動します。

<meta http-equiv="Refresh" content="5;URL=http://tutorialfx.com" />
これが全体のコードになります。とてもシンプルで使い勝手のよいコードです。是非試してみてください!!

引用:Web Design Library 著者:Brady翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング