ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > ラスタ画像とベクトル画像の違い

ラスタ画像とベクトル画像の違い

投稿日:2006年12月05日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShopIllustrator



あなたのコンピュータではグラフィクスはラスタとベクトル、2つの形式のどちらかで表示されています。ラスタイメージはPhotoshopやCorel Photopaintなどのプログラムで作成されます。


Step1 − ラスタイメージとは

ラスタイメージは何百万という個々の四角、すなわち、ピクセルによって構成されています。より多くのピクセルが構成に用いられれば、よりきれいなイメージとなります。ピクセル数、すなわち、解像度は1インチ四方のドット数、ドットパーインチ(dpi)で表記します。ウェブ上のイメージは72dpiで表示されます。高解像度のイメージは300dpiもしくはそれ以上になります。ある種類の印刷には1600dpiが用いられることもあります。ラスタイメージは離れたところから見れば、きれいに見えますが、近づけば個々のピクセルがみえるはずです。


Step2 − ベクトルイメージとは

ベクトルイメージは数学的な計算から算出された線とカーブから、ズームするたびに書き直されます。よって、拡大してもイメージの質が粗くなることはありません。何百万のピクセルによって構成されるラスタイメージよりも、ファイルのサイズは小さくなる傾向があります。


Step3 − べクトルイメージの利点

ラスタイメージで書き出された円の縁を見ていくと、最初はスムーズに見える縁も、拡大すればがたがたのピクセルが見えてくるはずです。低解像度のラスタイメージは、このように拡大して目が粗くなるのがより早くなります。ベクトルイメージはどれだけ拡大してもその見え方は変わりません。


Step4 − ラスタ形式とベクトル形式

ラスタ形式を書き出すプログラムは、写真のようなイメージや微細で色やテクスチャの変化が微妙なイメージに適しています。ベクトル形式を使ったプログラムは、グラフィックなどのアート描画に適しています。イメージの種類にかかわらず、高解像度にこしたことはありません。あなたの作りたいイメージがラスタでもベクトルでも、それらを組み合わせたものでも、ExpertShirt.comのArt Staffは非常に役立つと思います。


引用:Web Design Library 著者:Mandar翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング