ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > 3Dテキスト

3Dテキスト

投稿日:2007年1月9日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop



このチュートリアルでは、下のような3Dテキストの作り方を紹介します。
3Dテキスト


Step 1:ドキュメントの作成とテキストの準備

新しいドキュメント(ファイル>新規)を作成します、サイズは好きなように設定してください。私は、320px×150pxとしました。
次に、テキストを作成します、テキストにはグラデーションや色など好きな効果を適用してください。
テキストの準備

テキストを変形していくため、最初にラスタライズする必要があります。テキストレイヤーを右クリックして、レイヤーのラスタライズを実行してください。
ラスタライズを実行


Step 2:テキストの変形

テキストをラスタライズした後、変形の準備にとりかかりましょう。テキストレイヤーを選択して、CTRL+Tを押しながら、テキストを3D効果に適当な形に変形します。下では、テキストが3Dの上面になるように変形しています。
テキストの変形


Step 3:3Dテキストを作成する

テキストを変形したら、レイヤーリストを右クリックして、レイヤーの複製をおこないます(テキストレイヤーを選択して、CTRL+Jでも実行できます)。ここで、新しいセットを作成して、複製したレイヤーを中に配置し、ベベルとエンボス(ディフォルト設定)を適用してください。3D効果に非常に有効となります。

複製したレイヤーを選択して、CTRLを押しながら、下方向に2度矢印キーを押して移動させます。これは20pxの移動に相当します。次に、ALTとCTRLを押しながら、上方向に19回移動させてください。これによってそれぞれのレイヤーを1pxごとに複製することができます。
3Dテキストを作成する

これで3Dテキストの基本的な作り方は終わりです。もし、さらに反射や影など様々な効果を適用したければ、続けて読んでください。


Step 4:さらに効果を追加する

メモ:これらの効果については必ずしも必要ではありませんが、よりよい作品に仕上げるためには利用する価値はあります。さらに、周囲への反射の効果を追加したいと思います。元のテキストレイヤーを選択して、うっすらと影を落とします。レイヤーセットを選択して、CTRL+E(全てのレイヤーを統合します)を実行してください。新しいレイヤーを作成(CTRL+J)して、不透明度を20%に下げます。これを3Dテキストの下側に配置して、反射のように仕立て上げます。反射表現に関しては、様々な方法があると思います、色々試してみてください。下の例では、背景にかすかなグラデーションを加えて完成させてあります。
3Dテキスト


引用:Web Design Library 著者:Ghost翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング