スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > Google Adsenseとは

Google Adsenseとは

投稿日:2007年1月23日   レベル:初心者    ソフトウェア:-



GoogleのAdSenseプログラムを見て、こうした方法でどれほどの金額が得られるのだろうか、普通の広告ほどではないだろうな――。そう考える人は多いでしょう。


Step 1:Google Adsenseとは

GoogleにはAdWordsというプログラムもあります。広告をクリックして広告主のサイトを訪れた利用者数に応じて広告料が決まるというものですが、Googleは、その金額について秘密を守っています。AdSenseバナーを掲載した人にリンク先のウェブサイトから提供される金額についても、同じように、明らかにはされていません。


Step 2:報酬金額について

AdSenseで得られる金額についての公式情報は何もありませんが、噂はインターネットを駆け巡っています。AdSenseで得た金額を(違法に)開示している人も少なくありません。月に千ドル以上獲得したという話もあります。

月に10万ドル以上という話さえありますが、これは眉唾物でしょう。実際は、AdSenseを利用すれば、小さなウェブサイトを自腹を切らずに独立採算で運営できるかもしれないといったところでしょう。
Google Adsenseとは


Step 3:トラフィックと報酬の関係性

ページ数の多いサイトなら、御利益も大きくなります。各ページのトラフィックが小さくても、クリックごとにカウントされますから、塵も積もれば山となるのです。量が質に匹敵することもあるという一例ですね。

GoogleのAdSenseでどれほどの収入があるかは定かではありませんが、実際にやってみなくても、いくつかの情報からある程度のことはわかります。

まず検討すべきは、一日当たりの訪問数です。これを正確に知る方法はありませんが、一日当たりのクリック数が大きければ相当の金額が得られるでしょう。


Step 4:クリック率について

クリック数はサイトのテーマによっても変わります。テーマがよく話題に上るもの(音楽や性など)であれば、広告がクリックされる頻度も高いでしょう。この比率をCTR(click through ratio=サイトを訪れた人の中でその広告をクリックした人の割合)と呼びます。

CTRが大きいほど得られる金額も大きくなります。CTRを大きくするには、コンテンツのテーマをよく話題になるものにし、広告のリンクが訪問者と話題のアイテムとを直接結ぶようにするのが一番です。


Step 5:掲載場所のテクニック

もちろん、サイト上の広告の位置や数にも関係します。ウェブマスターとしてはやたらに広告を入れたくはないでしょうが、たくさん置けば収入が増えるのは明らかです。サイトの重要個所に多くの広告をただ置いても無視できる(そして多くの人がそうする)といわれますが、そんなことはありません。

広告の掲出位置とその効果の関係は美的問題というだけでなく、科学的な問題でもあります。一般に人はある部分を見ていれば他の部分は見ていませんから、これを念頭に置けば、ウェブ制作者やウェブマスターはさまざまな対策を講じてAdSenseで得る金額を増やすことができます。


Step 6:最後に

詰まるところ、AdSenseで得られる金額の多寡は多くの要因に左右されます。しかし、コンテンツが興味深くサイトのページ数が多ければ、そして一日当たりのトラフィックが常時大きければ、AdSenseで相当な金額が得られるでしょう。

そうした条件を満たしていなかったとしても、AdSenseを利用する価値はあります。簡単に設定でき、月末にちょっとした小遣いが送られてきて、サイトの維持費として助かることも多いからです。


引用:Web Design Library 著者:Phyllis Wasserman翻訳:小林 修



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング