スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeウェブプログラミング > PHP中でのif構文の利用方法

PHP中でのif構文の利用方法

投稿日:2007年2月27日   レベル:初心者    ソフトウェア:-
PHPプログラム本稿ではチュートリアル形式の段階的学習内容にはなっていませんが、単にif構文がどのように動くかについて例を挙げる以上に理解できる内容です。 ここにif構文の基礎的な分構造の概念を示します。 ここで文中にはelse構文が必ずしも必要のない点は理解しておいてください。



Step1:変数をチェック
通常 if 構文は変数の比較を目的として利用されます。Php内のすべての変数は$が変数名の前に付属しています。If 構文はあなたが指定する変数をチェックし、これと比較するよう指定された要素が条件を満たしているかどうかを判断します。

if ($name == "alex")


Step2:特定の条件で実行
この後、then 構文以降に指定された内容がこの構文の返り値が真である場合にのみ実行されることになります。

if ($name == "alex") {
print "Hello, Alex";
}


Step3:Hello、Alex が表示
ここの例をとると、$name=” alex” という内容で name変数に alexが保持されている状態であれば、“Hello、Alex”という文がページ上に表示されるようになっています。単純にここで終了するような内容を好みに応じて追加することが出来ます。また”alex” 以外の値がname変数に入力された場合の処理を行う場合にはelse構文を利用します。
<?
if ($name == "alex") {
print "Hello, Alex";
} else {
print "Hello, person who is not named Alex.";
}
?>


Step4:まとめ
“Hello、person who is not named Alex” という文章がブラウザを通して表示されるようにelse構文がコードに追加されました。上記は今回の内容の全コードになります。 ここでは単純なPHPにおけるif構文の利用法について説明しましたが、if構文の応用方法は多彩です。

引用:Web Design Library著者:Alex翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング