スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > RSSフィード入門

RSSフィード入門

投稿日:2007年2月9日   レベル:初心者    ソフトウェア:-



Step 1:RSSとは

RSSとはRSSは、インターネットを介してコンテンツやメタデータを配信する際に使われる文書形式の一つです。ニュース記事の見出しとリンクを配信するために広く使われていますが、この場合は、通常、記事本文はなく、見出しやURLや概要を含むメタデータだけが配信されます。

RSSはコンテンツを配信できるだけでなく、第三者のコンテンツを自サイトに組み込むことができるため、コンテンツを提供する側にとって重要な道具となっています。


Step 2:RSSフィードについて

このRSSによる情報配信をRSSフィードといいます。RSSはXML(eXtensible Markup Language)に基づく文書形式であって、HTMLではありませんから、RSSフィードをウェブ・ブラウザーで見ても、通常、そのコードを読み解くのは容易ではありません。したがって、RSSフィードの内容を読む際はRSS用のツールを用います。


Step 3:運営者から見たRSSフィード

ウェブ上のサイトが増えるにつれ、ウェブサイトの運営者は、何とかして新しく新鮮なコンテンツを利用者に届けようと工夫を凝らしてきました。多くのウェブサイトがRSSフィードを利用しているのは、そのためです。RSSフィードを利用すると新しいウェブ・コンテンツを簡単に届けることができるのです。


Step 4:運営者から見た利点

・新鮮で利用者が希望する内容のコンテンツを提供することで、ウェブサイトの訪問を促す
・コンテンツを頻繁に更新することで、検索エンジンのスパイダーを頻繁に呼ぶ
・コンテンツを自動的に配信できる


Step 5:利用者から見たRSSフィード

RSSフィードの良いところは、見出し(表題)一覧を見て、読む記事を選べることです。情報が濃縮され一個所に集約されているため、通常、短時間で多くの情報に接することができます。記事の本文もクリック1回で読むことができます。すべての利用者にとって何よりも良い点は取得するRSSフィードを自分で選べること、RSSにスパムはありません。詰まらないRSSフィードは、ニュース・リーダーから削除するだけで配信されなくなります。


Step 6:利用者から見た利点

・記事本文の所在がすぐにわかる
・マークと日付が明示された題目の形で、「サウンドバイト」のような濃縮された情報が読める
・情報を使いやすい形に分類できる
・スパムで時間を無駄にしなくて済む


Step 7:RSSフィードの使い方

RSSフィードは、ニュース・アグリゲーターまたはニュース・リーダーと呼ばれているツールで読みます。このツールは常に新しいフィードを取り込み、未読の情報を表示しますから、機能的には普通の電子メール・ソフトウェアに似ています。一般に、関心のあるRSSフィードを選んで、そのURLを設定しておきます。


Step 7:コンテンツ開発者から見た利点

・未開拓の市場に接する機会が増える
・対象としている層と繋がり、顧客となる可能性のある人々に接触する手段が増える
・利用者が望む情報を配信できる
・専門性を強調できる
・コンテンツを自動的に配信できる


Step 9:RSSフィードの魅力

RSSは、事実上、コンテンツ配信の標準形式になっており、コンテンツの配布・配信の標準として受け入れられています。コンテンツの配布には、現在、電子メールが使われることが多いですが、数年のうちにはRSSフィードが並ぶでしょう。RSSフィードの大きな魅力は、使い方がとても簡単なことです。


Step 10:RSSフィードの利用イメージ

・コンテンツ提供者は、利用者に届けたいコンテンツを含むウェブページに関する記事を配信用のRSSチャネルに掲載する
・利用者は、ニュース・リーダーを使ってRSSチャネルに接続する。見出しとリンクが表示され、記事を読み、リンクを介してウェブページを閲覧する
・リンクはさまざまなサイトにも掲載される。それを見た人がクリックし、コンテンツ提供者のサイトを訪れる


Step 11:見出しの配信

RSSは見出しの配信に使われるのが最も一般的ですが、他にもさまざまな使い方があります。ブログで使われることも多く、写真日記、募集広告、レシピー、レビュー、ソフトウェア・パッケージの開発状況の通知などにも使われています。


Step 12:RSSを利用するメリット

RSSを利用すると、お気に入りのウェブサイト上に読みたい記事があることが、その記事の掲載直後にわかります。ウェブサイトを頻繁に訪ねて新しい記事があるかどうかを調べなくても、RSSが記事の掲載を自動的に知らせてくれるのです。

ニュース・リーダーにRSSフィードを登録するときは、ウェブサイトにあるRSSフィードのURLを示すリンクをクリックしてください。ブラウザーのアドレス欄にURLが設定されますから、そのURLをコピーしニュース・リーダーに設定します。設定の手順は、ニュース・リーダーごとに異なります。

引用:Web Design Library著者:Subhash Kumar翻訳:小林 修



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング