ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > 写真からスケッチ風に加工する方法

写真からスケッチ風に加工する方法

投稿日:2007年3月6日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
写真から鉛筆で書いたようなスケッチにイメージを変換する方法はたくさんあると思います。しかし、ここでは様々なブレンドモード、レイヤー、フィルタを用いた方法を紹介します。我々はPhotoshop7.0を使いました。



Step1:イメージを編集する
Photoshopを開いて、イメージを編集していきます。

イメージに複数のレイヤーを使用しているなら、メニューコマンドの レイヤー > 画像の統合 をおこなってください。

イメージ>モード>グレースケールから グレースケールにします。

その前にグレースケールの度合いを調節するために、チャンネルミキサーを使って、モノクロボックスへのチェックしてスライダを動かせば便利です。(さらに、詳しいことは”Photoshop User”の10/11月号、2002年、p62)

イメージを編集する

Step2:作成ボタンにドラッグ
レイヤーパレットを使って、”背景”レイヤーを新規レイヤー作成ボタンにドラッグしてましょう。上のレイヤーのモードを通常から差の絶対値に変更します。

イメージが完全に黒になったと思います、両方のレイヤーのピクセルが完全に一緒のためです。

作成ボタンにドラッグ

Step3:調整レイヤーを追加
レイヤーパレットの底にある4番目にある反転調整レイヤーを追加して、階調を反転させます(ボタンのアイコンは黒/白の円)。調整レイヤーを追加して、”背景コピー”を再びクリックします。

調整レイヤーの追加

Step4:鉛筆風のスケッチ
フィルタ > ノイズ > 明るさの中間値 を適用します。スライダを調節すれば、”鉛筆風のスケッチ”が現れてくるはずです。

メディアンをおこなった後に、再びイメージを統合して、保存してください。

鉛筆風のスケッチ

引用:Web Design Library 著者:Pete Bauer翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング