スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

HomeHTML&CSS講座 > #nameタグの使い方

#nameタグの使い方

投稿日:2007年4月4日   レベル:初心者    ソフトウェア:DreamWeaver
aタグの使い方nameタグは基本中の基本ですが、初心者の中には知らない方もいますので、簡単に説明しておきます。

非常に長いウェブ・ページがあるとしましょう。何度もスクロールを繰り返さないと末尾までたどりつかないような、とても長いウェブ・ページです。このような場合、ページの要所要所に先頭や末尾あるいはその中間に戻るリンクがあると、訪問者にとってとても便利です。

そうしたリンクを作るには、まず、リンク先をどこにするかを決めておかなければなりません。ここでは、ページの先頭と末尾に飛ぶリンクを作ることにしましょう。


Step1:<a name=>タグ
まず、<a name=>タグを置く必要があります。ここでは、ウェブ・ページの先頭にこのタグを置き、「top」という名前を付けます。
<a name="top">
たとえば、<body>タグの直後にこのタグを置きます。

Step2:ジャンプリンクを作る
次に、ウェブ・ページの末尾に飛ぶリンクを作ります。ここでは、末尾に「bottom」という名前が付いているものとしましょう。
<a href="#bottom">このページの末尾へ</a>
このリンクを必要なところに置きます。

Step3:ページの末尾に名前を付ける
今度は、ウェブ・ページの末尾に名前を付けます。
<a name="bottom">
のタグを</body>タグの直前に置きます。

Step4:ページの冒頭に飛ぶリンクを作る
そして、ウェブ・ページの冒頭に飛ぶリンクを作ります。 <a href="#top">このページの先頭へ</a> 些細なことにも思えますが、こうしたリンクが欲しいと思う場合があるものです。そんなとき、この小さな気遣いがとても役に立つのです。

引用:Web Design Library著者:Thirtysixway翻訳:小林 修



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2014年6月の人気記事ランキング