スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > ポップアップ広告 好きか嫌いか

ポップアップ広告 好きか嫌いか

投稿日:2007年4月13日   レベル:初心者    ソフトウェア:-
ポップアップ広告ウェブサイトを楽しく閲覧していたらポップアップ・ウィンドウが現れた。閉じて閲覧を続けていると、またポップアップした。こうして、ポップアップ・ウィンドウが繰り返し現れるのは煩わしいですよね。


Step1:ポップアップ・ウィンドウとは
ポップアップ・ウィンドウはインターネットのオンライン広告の一種で、ウェブサイトのトラフィック(あるウェブサイトを訪れた人の数)を増やすことを目的にしています。また、ウェブサイトを閲覧している人から勝手に電子メール・アドレスを集めます。

Step2:ポップアップ・ウィンドウ広告
ポップアップの利用が多いのは、ウェブサイトが広告を掲載するからです。そうしたウェブサイトでは、従来、バナー広告(ブラウザーのウィンドウの上部に表示する広告)を掲載して大きな収益を得ていました。

そうした広告は、何かを買ったらオマケがつくと言ってインターネット広告に不慣れな閲覧者の気を引きます。事情を知らない利用者は餌に引っかかり、気がついたときには購入した品物の他に「オマケ」の代金も請求されています。

バナー広告への関心が薄れてくると、インターネット上で営業している業者はより効果的な広告手法を考え出しました。そのときから、多くのインターネット利用者がポップアップ広告に悩むことになったのです。

Step3:ポップアップ・ウィンドウの利用方法
ポップアップ・ウィンドウは、ウェブ・ブラウザーでサイトを開いたときに開きます。そのコンテンツは、製品の申し込みやアンケートや無償ダウンロードなど、さまざまです。

多くの場合Javascriptで生成されますが、開く方法は他にもあります。たとえば、Flashでアニメーションをポップアップさせることができます。また、DHTMLで生成することもでき、この場合、本来のブラウザー画面が表示される前にポップアップします。

Step4:ポップアップ・ウィンドウの特性
インターネット広告の場合、その性質上ポップアップが好んで使われます。ポップアップには本来のブラウザー画面よりも早く現れるという性質があり、無視されにくく、従来の静的なバナー広告よりもずっと有利だからです。

また、ポップアップ広告はインターネット利用者の関心を刺激するために、多くの人がクリックします。このためクリック率が高く、これもポップアップが好まれる理由の一つとなっています。ポップアップ広告のクリック率はバナー広告の2倍だという調査結果が最近報告されましたが、これもクリック率の高さを裏付けています。2002年1月時点で12億あったポップアップの数は、9月には49億に増加しました。

Step5:悪質なポップアップ広告
ポップアップ広告をよく出しているのは、ポルノや暴力を促すウェブサイトです。こうしたポップアップは、内容が成人向けというだけでなく、ウィンドウをたくさん開くという特徴もあります。

閲覧者がウィンドウを閉じると別のウィンドウが開き、さらに複数のウィンドウを誘発し、これが無限に続くこともあります。これは「javaトラップ」とか「スパム・カスケード」などと呼ばれています。この他、スパイウェア・プログラムなどのプロセスが、ポップアップ・ウィンドウを作っていることもあります。

ポップアップの変形版「マウストラッピング」は、画面全体をコンテンツで埋め尽くし、メニュー・バーなど、閲覧者がウィンドウを閉じるための機能を無くしてしまいます。

Step6:ポップアンダー広告
また、ポップアンダー広告というタイプもあります。新しいブラウザー・ウィンドウが現在のウィンドウの下に開きます。ポップアンダーは閲覧者にとってはさほど邪魔にはならず、メインのブラウザー・ウィンドウを閉じて初めて気がつきます。このため、どのウェブサイトが開いたのかがわかりにくいという特徴があります。
Step7:まとめ
こうした中、多くのインターネット利用者が閲覧中に遭遇する大量のポップアップ・ウィンドウの悩みを訴えるようになりました。

これに応えて、多くの企業がウェブサイトからポップアップを減らしたり削除したりしています。また、Microsoft Internet Explorer、Mozilla、Netscape、America Online、Camino、Opera、Safariなどのインターネット・ブラウザーはポップアップを阻止する機能を搭載しました。他にも、ポップアップやスパイウェアを阻止するプログラムが登場しています。

引用:Web Design Library 著者:James Monahan翻訳:小林 修



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング