スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

HomeFlash講座 > HTMLからFlashへのパラメータの移動

HTMLからFlashへのパラメータの移動

投稿日:2007年5月8日   レベル:初心者    ソフトウェア:Flash


Step1:swfファイルのURLへのセグメントの追加
HTMLからのFlashムービーの変数輸送に関して、近頃よく用いられている方法といえば、下のような、swfファイルのURLへのセグメントの追加でした。

<OBJECT ...
<PARAM NAME=movie VALUE="flash.swf ?var1=value1&var2=value2&...&varN=valueN ">
...
<EMBED src="flash.swf ?var1=value1&var2=value2&...&varN=valueN "
...
</EMBED></OBJECT>


本質的には、GETメソッドになるのですが、ここでは256以上のシンボルに、アドレスラインに、言い換えれば、クリップ中の大量の変数に”フッキングオン”することを禁止しています。

しかし、これが大きく不利な点ではなく、これらのパラメータの大部分での疑問符は十分であると思えます。この方法において基本的に不利な部分は、パラメータのひとくだりを変更したときに、Flashクリップがサーバーからダウンロードし直されることで、そのサイズが大きければ、多くの時間をかけて再表示しなければなりません。

Step2:FlashVarsというパラメータ
Flash-Player6では、新しいFlashVarsというパラメータが採用されました。これはFlashクリップ変数をHTMLから送りやすくするもので、その使用方法を下に示しています。

<OBJECT ...
<PARAM NAME=movie VALUE="flash.swf">
<PARAM NAME= FlashVars VALUE="var1=value1&var2=value2&...&varN=valueN">
...
<EMBED src="flash.swf"
FlashVars ="var1=value1&var2=value2&...&varN=valueN"
...
</EMBED></OBJECT>


変数はFlashクリップ(_level0)のルート(_root)で与えられます。

利点:HTMLに変換されたFlashクリップの変数を送るこの方法は、GETメッソドの不利な点を取り除くものです。

引用:Web Design Library 著者:Val翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング