スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > フォトショップで木目を描く方法

フォトショップで木目を描く方法

投稿日:2007年5月1日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop


Step1:ノイズを加える
ノイズを加える

最初に、キャンバスを明るい茶色で塗り、フィルタ>ノイズ>ノイズを加えるでグレースケールノイズに設定して、上のイメージのようになるまでスライダを動かしてください。

Step2:ぼかし(移動)を適用
ぼかし(移動)を適用

次は、古典的な手法ですが、ぼかし(移動)を適用します。

Step3:コントラストを変更
コントラストを変更

ぼかしを加えたら、粗さを消すために、コントラストを変更します!

Step4:雲模様1を使う
ps_6245_4.jpg

次は、新しいレイヤーを上に作成して、描画色を明るい茶色に、背景色を黒にして、フィルタ>描画>雲模様1へと移動します。

そして、レイヤーの設定をオーバーレイにすることで、丁度よい色味と調和した感じを表現できます。

Step5:覆い焼きツール
覆い焼きツール

もし必要ならば、覆い焼きツールを使ってShiftを押しながらいくつかの線を加えて行きましょう。暗い部分を表すには6、7回繰り返し重ねる必要があります。ブラシのサイズも色々変えてみると良いと思います。タッチペンを持っていれば、これらの作業がさらにやり易いと思います、是非買ってください!

Step6:明るさを加える
明るさを加える

ここで、暗い線の下を少し明るくすることで縁が際立ちます。再び、覆い焼きツールを使って明るさを加えていきましょう。

Step7:質感を出す
質感を出す

さらに質感を出すために、引っかき傷や節を覆い焼きツールで作成していきます。

Step8:バリエーション
バリエーション ここから色相を変えていけば、古い木のや松の木のようにすることも出来ると思います。このチュートリアルを楽しんでくれたらうれしいです!

引用:Web Design Library著者:Psionic3d.co.uk翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング