スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeサイトメンテナンス講座 > 優れたドメインを選ぶ方法

優れたドメインを選ぶ方法

投稿日:2007年6月22日   レベル:初心者    ソフトウェア:-
弁護士は朝食に釘を食べる。ラップはEtch-a-Sketchを作曲したものである。予期せぬ結果の法律が国家を支配する。このような通念は、友人同士の間で真実として広められる都市伝説の一部です。ドメイン名を申請する人の中でも、独自の通念が作り上げられてきました。繰り返し語られたために、真実に聞こえるものもあります。この記事では、こうした語られぬ情報についてお話しします。


Step1:常に.comのドメイン名を選ぶこと
.comのドメイン名を選べとは、いつも言われることです。.comで終わるドメインは、最も普及している名前なので覚えやすいですが、必ずしもベストではありません。

1つの理由として、.comで終わるドメイン名は多数あるため、これで終わるドメイン名は非常に検索しにくいのです。アクセス数獲得の方法によっては、.comを選んでもよい場合もあります。検索エンジンで調べる人をターゲットとしている場合は、.comドメインを選ぶのは無意味です。

ただし、テレビや新聞、ラジオなどで宣伝する場合は、ある程度役に立つかもしれません。

Step2:ダッシュは使用を避ける
ダッシュは使用を避けること、または決して使用しないこと。これもまた、目的次第です。検索エンジンはダッシュをスペースとして変換するため、よくあるキーワードをターゲットとしているときに、ダッシュをスペース代わりに使用すれば、あなたのページはそのキーワードによる検索結果のトップ10に簡単に入ることができます。このことをどのくらい重視しているかは、検索エンジンによって異なります。

したがって、ダッシュを避けたり、ドメイン名のどこにも入れないようにしたほうが効果的な場合もあります。

Step3:ドメイン名の選択
ドメイン名の選択が苦痛になる場合があります。短いドメイン名を好む人は多いかもしれませんが、必ずしもそれが良いとは言えません。極端に長いドメイン名は確かに好ましくないでしょうが、短すぎても誰にも覚えてもらえません(URL転送サービスを自分で所有している場合は別です)。

使用できる単語の組み合わせは多数あります。ぜひ、ドメイン名ジェネレータを確認することをお勧めします。キーワードを入力すれば、他の単語との組み合わせの候補が表示され、それらが使用可能かどうかがわかるため、非常に便利です。

Step4:ドメインは永遠に使用できる
登録したドメイン名を永遠に使い続けることは可能ですが、保証はされていません。何らかの事情により、ドメイン名を失う場合もあります。

まず、アクセスを続けるには、ドメイン名を毎年登録(または事前に複数年登録)する必要があります。登録の更新を忘れると、ドメイン名を失う可能性や、他人に登録されてしまい、取り戻そうとすると莫大な金額を請求される可能性があります。また、商標論争でドメイン名を失う可能性もあります。

Step5:会社名を使用したドメイン登録
ドメイン登録に会社名は使用できません。事実として、該当する会社名に関する商標を所有している場合であっても、ドメイン名を登録する権利はありません。商号に関して商標を所有していても、その名前を使用する排他的な権利が与えられるわけではないからです。

商標で与えられる権利は、提供する特定の製品やサービスに関してその名前を排他的に使用できるということだけです。

引用:Web Design Library著者:Richa Sinha翻訳:細島



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング