スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > PC画面やテレビ画面をカメラで撮影する時の注意点

PC画面やテレビ画面をカメラで撮影する時の注意点

投稿日:2007年12月7日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
CTRモニター上に暗い縞模様が写真に取ると現れることがあると思います。この現象について理解し、どう対処したらよいか紹介します。


Step1:更新レートとは
全てのCRT(Cathode Ray Tube)は更新レートというものを持っています。更新レートとはフレームがどれぐらいの速さで表示されるかという定義になっています。 例えば、モニターの更新レートで60Hzであるなら、1秒間に60回、画像が更新されていることになります。

更新レート

Step2:シャッタースピードがカギ
暗縞無しで写真に取るためには、モニターの更新レートと同じシャッタースピードで写真を撮ればよいのです。 この方法を用いれば、カメラが1つだけのフレームを捉えることができます。ほとんどのテレビは60Hzで、コンピュータモニタも同様です。 シャッタースピードを1/60秒に設定すれば、きれいな写真が撮れるのです。

シャッタースピード

Step3:ビデオを撮影する
ビデオの画像を撮る場合には、少し遅い1/30や1/25秒のものを使ってください。これはNTSCビデオのフレームレートが29.97 fps(フレーム数/秒)、PALビデオが25 fpsであるためです。 北米、日本、韓国、フィリピン、南米に住んでいるなら、NTSCがスタンダードであると思います。それ以外の国ではPALだと思います。 それより遅いスピードで撮ろうとすると、写真がぼんやりしてしまいます。

ビデオの画面

Step4:フラッシュを使った場合
Q:フラッシュを使えば問題が解決されるのは何故ですか?

A:それはフラッシュによって問題が解決されたのではありません。問題はシャッタースピードにあります、フラッシュをたくときはほどんどのカメラでスピードが1/60秒に設定されているためです。

Step5:LCDの写真の場合
Q:LCDの写真をとるにはどうしたらよいのですか?

A:LCDはCRTと同じシャッタースピードでよいと思います。LCDはゆらぎは少ないのですが、更新レートは60もしくは75Hzになっています。しかし、LCD上で、オブジェクトが止まっている場合は、どのようなシャッタースピードでも撮影が可能になります。多くのLCDモニタは視野角が狭いので、角度をつけてとる場合は気を付けて下さい。

引用:Web Design Library著者:FotoFects翻訳:atuk



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング