スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > テキストに3D効果をつける方法

テキストに3D効果をつける方法

投稿日:2008年5月23日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、フォトショップでテキストに3D効果をつけてみたいと思います。


Step1:はじめに
3Dを使って簡単な反射効果を作ります。

このチュートリアルで何度も扱われていますが、次のレベルに進んだものはないし、反射効果の90%が曲解されてるので、効果というと絞り、湾曲、旋回あたりと偏っていて、でもそれもテイストなのでしょう。

今回のチュートリアルでは視野をがらりと変えて、ゆがみに対して反射を縮めるだけでなく3Dのイリュージョンを作ります。

それでは始めましょう。


Step2:テキストを入力する
新規ファイルを(300ピクセル×175ピクセルのサイズで)作成して(「Velvenda Cooler」で)テキストを入力します。

ps_14729_01.jpg


Step3:レイヤーを複製する
レイヤーを複製します。

ps_14729_02.jpg


Step4:新規レイヤーを選択する
新規レイヤーで「編集」−「変形」−「垂直方向に反転」を選択します。

続けて反転したテキストを元のテキストの下にドラッグします。

ps_14729_03.jpg


Step5:新規レイヤーを作成する
下のテキストのレイヤーの上に新規レイヤーを作成します。

ps_14729_04.jpg


Step6:背景色を設定する
背景に使う色を設定して(ここでは白)最前面の色にします。

ps_14729_05.jpg


Step7:グラデーションの種類を選択する
上部メニューからグラデーションツールを選択して、グラデーションの種類を選択します。

ここでは「描画色から透明に」を使います。

ps_14729_06.jpg


Step8:テキストにグラデーションを適用する
反転したテキストの下から中間にかけてグラデーションを適用します。

ps_14729_07.jpg

より広範囲にもう一度操作を行う必要があるなら、次のように行います。

ps_14729_08.jpg


Step9:反射しているレイヤーを設定する
反射しているレイヤーを選択して、レイヤーの不透明度を60%に設定します。


Step10:ラスタライズする
背景以外のレイヤー全体で、「Shift」キーを押しながら一番下のレイヤーを選択してから一番上のレイヤーを選択します。

続けて選択範囲を右クリックして「スマートオブジェクトにコンバート」を選択してから「ラスタライズ」−「テキスト」を選択します。


Step11:遠近法を選択する
反転したレイヤーを選択してから、「編集」−「変形」−「遠近法」を選択します。

ps_14729_09.jpg


Step12:レイヤーを移動する
レイヤーを選択したら、「Alt」キーを押してからlarrow.jpguparrow.jpgをそれぞれ2回ずつ押します。


Step13:完成
一番上のレイヤーを「スクリーン」に設定すれば完成です。

最終結果は次のとおりです。

ps_14729_10.jpg


引用:Web Design Library  著者:doolittleproductions.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング