スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > えんぴつで変化をつける方法

えんぴつで変化をつける方法

投稿日:2008年5月16日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、えんぴつでシェード効果をかけてみたいと思います。


Step1:背景レイヤーの複製
写真を開き背景レイヤーを複製します(「レイヤー」−「レイヤーを複製」を適用)。

「背景のコピー」レイヤーを選択します。

楕円形選択ツールを選択して楕円形の選択範囲を作ります。

チャンネルタブを選択して新しいチャンネルを作ります(アルファチャンネル1)。


Step2:境界をぼかす
「選択範囲」−「境界をぼかす」を選択します。

次のように設定します。

境界をぼかす→半径45ピクセル。

「編集」−「塗りつぶし(ホワイト)」を選択あるいは「Alt」+「Delete」キーで適用します。


Step3:ノイズを追加
続けてノイズを追加します。

「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選択して次のように設定します。

量→25%、分布方法→均等に分布、グレースケールノイズ→オン。

「フィルタ」−「ブラシストローク」−「ストローク(斜め)」を選択して次のように設定します。

方向のバランス→10、ストロークの長さ→44、シャープ→10。

ps_14757_01.jpg


Step4:背景のコピーレイヤーを選択
レイヤーパレットで「背景のコピー」レイヤーを選択します。

「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択して次のように設定します。

選択範囲→新しい選択範囲、チャンネル→アルファチャンネル1。

「選択範囲」−「選択範囲を反転」を選択して「Delete」キーを押します。

ps_14757_02.jpg


Step5:境界をぼかす
「背景」レイヤーを選択します。

楕円形選択ツールを選択して楕円形の選択範囲を作ります。

チャンネルタブを選択して新しいチャンネルを作ります(アルファチャンネル2)。

「選択範囲」−「境界をぼかす」を選択します。

次のように設定します。

境界をぼかす→半径20ピクセル。

「選択範囲」−「選択範囲を反転」を選択して「編集」−「塗りつぶし(ホワイト)」を選択します。


Step6:ノイズを追加
続けてノイズを追加します。

「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」を選択して次のように設定します。

量→8%、分布方法→均等に分布、グレースケールノイズ→オン。

「フィルタ」−「ブラシストローク」−「ストローク(斜め)」を選択して次のように設定します。

方向のバランス→83、ストロークの長さ→44、シャープ→10。


Step7:仕上げ
レイヤーパレットで「背景」レイヤーを選択します。

「選択範囲」−「選択範囲を読み込む」を選択して次のように設定します。

選択範囲→新しい選択範囲、チャンネル→アルファチャンネル2。

「選択範囲」−「選択範囲を反転」を選択して(「編集」−「塗りつぶし(ホワイト)」で)塗りつぶします。

もう一度「選択範囲」−「選択範囲を反転」を選択して「編集」−「塗りつぶし(ホワイト)を行います。


Step7:完成
すると次のようにえんぴつで変化をつけた写真が完成します。

ps_14757_03.jpg


引用:Web Design Library  著者:www.tutorialpark.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング