スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeウェブデザイン基礎講座 > インタラクティブなウェブデザインの作り方

インタラクティブなウェブデザインの作り方

投稿日:2008年5月13日   レベル:初心者    ソフトウェア:無し
インタラクティブなウェブデザインの作り方についてです。

効果的なウェブサイトデザインの重要性が弱まることはありません。
潜在的顧客がいるなら新規顧客へと引き付けることによって売り上げは上がるので、高品質で魅力的なウェブデザインがあることにより売り上げゼロと実際の購入という確かな違いをもたらします。


Step1:無駄のないデザイン
デザインの際に犯す大きな間違いのひとつには、不必要なコンテンツや画像でウェブサイトを乱雑にすることがあります。
するとユーザーの関心がそらされるだけでなく、サイトで一番大切な箇所がわからなくなります。
例えば、紹介ページにフラッシュを使えばもっと顧客を誘引できると考えるかもしれません。
しかし実際には検索エンジンはフラッシュを使ったページを識別できないのです。
検索エンジンからスキャンされないホームページなど想像できますか!
いい考えとは言えませんよね?
優秀なウェブデザイナーなら紹介ページにフラッシュを使わないようアドバイスするでしょう。


Step2:双方向性がカギ
双方向性とはフィードバックのフォームやテキスト入力フォームのことではありません。
それ以上に大事なものです。
ウェブ2.0の全体のコンセプトとはウェブデザインサービスを可能な限りカスタマイズしてポピュラリティを速く手に入れることにあります。
多くのサービスプロバイダはウェブ2.0の方法論にも特化してウェブサイトデザインの潜在能力全体を広げています。


Step3:レイアウトの集中
ウェブ2.0の最重要な特徴にはプロフェッショナルなウェブデザインによって可能な限りレイアウトを集中することがあります。
そのようにしてシンプルでありながら率直かつ際立った印象を与えることがあります。
それはユーザーがブランドを探すときの特徴であり、ブランドが送り出すシグナルは常にポジティブなサインとなります。


Step4:列を増やしすぎない
初期の平均的なウェブデザインのカスタマイズは最大4列で、一般的には3列でした。
しかし、ウェブ2.0テクノロジーの到来によって最近の平均は2列になり、多くても3列です。


Step5:セクションを区別する
見るに値するページだとユーザーがわかるようにすることが最重要です。
最善の方法の一つには、ユーザーに見てもらいたい箇所に目立つ色を使うことです。
例えば、新製品の値引きを強調したいなら魅力的な色と効果を使います。
結局はそれによって売り上げが決まるのです!
ウェブ2.0のデザインに精通した優秀なウェブデザイナーによってサイトは差別化されます。
まずウェブページのヘッダーを差別化するなら効果的でしょう、というようにです。


引用:Web Design Library  著者:www.webpronews.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング