スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで昔のヴェネツィアを表現する方法

Photoshopで昔のヴェネツィアを表現する方法

投稿日:2008年7月1日   レベル:中級者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、フォトショップで写真を昔風に見せてみたいと思います。


Step1:古い紙の質感を作成
いつものように、新規画像を作成して背景を無地にします。

古い紙の質感

ノイズ効果(「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズの追加」)を少しだけ、約3-4%適用します。

古い紙の質感

(「Ctrl」+「Shift」+「F」キーで)効果をフェードすると、ノイズの量が減ります。

古い紙の質感

スポンジ効果(「フィルタ」−「アーティスティック」−「スポンジ」)を少しだけ追加します。好みに応じて効果の設定を調整します。効果を適用した後に、(「Ctrl」+「Shift」+「F」キーで)もう一度フェードを使って、スポンジを目立たなくすると同時にノイズを少しだけ差し込みます。

古い紙の質感

私はこの古い紙の画像をStock Photosで見つけました。古い紙をスキャンしてもよいでしょう。ドキュメントに画像をペーストしてから、(「Ctrl」+「Shift」+「U」キーで)彩度を下げます。

古い紙の質感

レイヤーブレンドモードをオーバレイに設定して、必要に応じて不透明度を調整します(ここでは30-40%)。 古い紙ができましたので、写真を入れましょう!

古い紙の質感


Step2:写真と合成
この写真は私がヴェネツィアに旅行に行ったときに取ったものです。ドキュメントにペーストして・・・

写真と合成

レイヤーブレンドモードをオーバレイに変えるだけで完成です!
写真と合成


Step3:完成
画像をもう少し暗くしたいときは、写真のレイヤーを複製してブレンドモードを「乗算」に変更し、不透明度を40-60%に設定します。

完成


引用:Web Design Library  著者:vladstudio.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング