ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeグラフィック講座 > Adobe Illustratorでシルエットを作る方法

Adobe Illustratorでシルエットを作る方法

投稿日:2008年8月12日   レベル:すべて    ソフトウェア:photoshop illustrator
このチュートリアルでは、フォトショップとイラストレーターでシルエットを作ってみたいと思います。


Step1:はじめに
このチュートリアルではPhotoshopとIllustratorライブトレースツールを使って写真からベクターのシルエットを作る方法について紹介します。Photoshopの知識は工程全体で役には立ちますが必須ではありません。

はじめに、作業に使う写真を選びます。白くてフラットな背景の人物写真があれば理想的ですが、全体にコントラストがしっかりしていれば望ましいでしょう。人物がシルエットになることに留意してください。横顔がよいでしょう。アングルのおかしなものや遠近が極端なものは避けてください。

写真を選択


Step2:Photoshopでコントラストを強くする
Photoshopを使って、3つのチャンネルからどれが使えそうか調べます。コントラストがしっかりしたものを探して、人物の暗い部分が背景から際立つようにします。この写真では、グリーンのチャンネルを選びます。

グリーンチャンネル

Photoshopのチャンネルパレットで、サムネイルを「新規チャンネルを作成」アイコンにドラッグしてチャンネルを複製します。

チャンネルパレット

新しく複製したチャンネルのレベルを調整(「イメージ」−「色調補正」−「レベル補正」を選択)してイメージのコントラストを強くします。

レベル補正

コントラストを強くする

覆い焼きツールを使って、明るい箇所にのみ効果をつけます。

コントラストを強くする

同様に焼き込みツールを使って影を焼き込みます。

場合により焼き込みや覆い焼きが十分でない箇所に色を塗る必要があります。ここでは腕を黒い色で塗ってから、背景を覆い焼きします。

コントラストを強くする

黒いシルエットの形が浮き出したら、シルエットの外を白く塗ります。

「選択範囲」−「すべてを選択」を指定してから、新規レイヤーにコピー&ペーストします。イメージを平たくして、TIFF、あるいはシルエットレイヤーが見えるようPSDで保存します。Illustratorでは配置する画像としてほとんどのラスターファイルフォーマットが使えます。


Step3:Illustratorでトレースする
Illustratorを起動します。「ファイル」−「配置」を選択してPhotoshopで新規保存したファイルを配置します。画像を黒い矢印(選択ツール)でクリックして選択してから、「オブジェクト」−「ライブトレース」−「トレースオプション」を選択します。

トレースオプション

トレースオプションダイアログボックスで、プレビューボタンをクリックします。モードを前もって「黒と白」に設定する必要があります。トレース設定の画面で、「誤差の許容値」と「最小エリア」の値を減らします(ステップ8を参照)。この設定でライブトレースをどれだけイメージの輪郭に沿わせるかが決まります。設定を変更したら、トレースが変わります。これが「ライブ」のパートになります。

使い方のヒント:トレースオプションダイアログ画面の一番下で、トレースのプレビュー方法について選択できます。この機能はプレビューのみでパスには影響しません。詳細についてできる限り滑らかなラインにしたいのであれば、このプレビューは役立ちます。ポイントが多すぎるとギザギザに見えますし、ポイントが少なすぎてもおかしく見えます。希望の形になったら、トレースをクリックしてください。この段階でも、トレースが「ライブ」のままトレースオプションを再び開いて設定を変更できます。トレースの見栄えが満足いくものなら、「オブジェクト」−「ライブトレース」−「拡張」を選択します。トレースがベクターパスに変換されます。

注意:トレースオプションダイアログ画面で設定を微調整してトレースを作ることがどれほど重要か、強調してもしきれません。長い目で見れば時間の節約になるからです。

自動選択ツールを使って、白い箇所をクリックします。すると白いシェイプがすべて選択されます。「Delete」キーを押します。すると黒いシルエットだけが残ります。

(アンカーポイントの削除ツールを使用して)飛び出しているポイントを削除してパスを整え、他の箇所となじませます(鉛筆ツールの中にあるスムーズツールのアイコンをダブルクリックして調整できます)。例えば、

トレースする

A. 実際の写真に膨らんだ箇所があるとしても、シルエットがおかしく見えます。取り除きましょう。
B. ポイントが多すぎます。
C. きれいにならしましょう。
D. この足も直しましょう!

使い方のヒント:トレースに対して最良の設定が決まったら、プリセットを保存できます(トレースオプション画面のボタンをクリック)。同様のトレースを一括して作業する場合は、保存した設定を引き下ろします。同じ操作を繰り返す必要はありません。

使い方のヒント:背景あるいは空間に影や他の要素を追加します。


Step4:完成
完成


引用:Web Design Library  著者:www.layersmagazine.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング