ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeグラフィック講座 > Illustratorでかわいいワンちゃんを描く方法

Illustratorでかわいいワンちゃんを描く方法

投稿日:2008年8月5日   レベル:上級者    ソフトウェア:illustrator
このチュートリアルでは、イラストレーターでかわいいワンちゃんを描いてみたいと思います。


Step1:ブラシを作成する
任意のサイズで新規ドキュメントを作成します。
「グリッドを表示」にチェックを入れてビューメニューの「グリッドにスナップ」を選択します。

ブラシを作成する

次のように線を引きます(「グリッドにスナップ」アイテムでまっすぐ線を引けます)。

ブラシを作成する

リシェイプツールを使って線の真ん中をクリックします。

ブラシを作成する

ダイレクト選択ツールに切り替えてアンカーを選択します。

ブラシを作成する

「↑」ボタンを押します。

ブラシを作成する

(ツールパレットの)リフレクトツールをダブルクリックしてから次の画面のように設定して「コピー」ボタンをクリックします。

リフレクトツール

するとこうなります。

ブラシを作成する

左側の2つのアンカーを選択して、右クリックしてから「平均」を選択します。

平均

先ほどのアンカーをもう一度選択して「連結」を選択します。

連結

するとこうなります。

ブラシを作成する

黒く塗ります。

ブラシを作成する


Step2:ブラシを登録する
ブラシパレットで、右上の小さな矢印をクリックしてから、「新規ブラシ」を選択します。

ブラシパレット

ブラシパレット

「新規アートブラシ」を選択します。

新規ブラシ

パラメータを設定します。

アートブラシオプション

これで新しいブラシができました。
Illustratorのブラシを使ったシェイプの作り方については別のチュートリアルで扱います。


Step3:犬を描く
では、ペンツールペンツールを使って境界線の太さを6ピクセルにしてパスを描きます。

犬を描く

作業を続けます。

犬を描く

犬を描く

楕円形のシェイプを2つ描きます。

カリグラフィブラシオプション

楕円形のシェイプをさらに描いて目を作ります。

犬を描く

色を塗って、

犬を描く

舌を描きます。

犬を描く

続けて耳を描きます。
2つのシェイプを次のように描きます。

犬を描く

「オブジェクト」−「アレンジ」でレイヤーの位置を変更すると、耳ができ上がります。

犬を描く

同様に右の耳も作ります。

犬を描く

暗めの色で大きな鼻を描きます。

犬を描く

シェイプを3つ描いて体を作ります。

犬を描く

足を描きます。

犬を描く

犬を描く

犬を描く

犬を描く成

影をつけます。

犬を描く

犬を描く

犬を描く

犬を描く

楕円形のシェイプを書いて影にします。

犬を描く


Step4:完成
jpgにエクスポートするとかわいい犬のアバターの完成です。

完成


引用:Web Design Library  著者:ezphotoshop.info 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング