スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopの特定色域の選択機能を使ったブレンドテクニック

Photoshopの特定色域の選択機能を使ったブレンドテクニック

投稿日:2008年9月2日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopの特定色域の選択機能を使ったブレンドテクニックを使って画像を作ってみたいと思います。


Step1:背景画像を作成
はじめに画像を開きます。ここではこの画像を使います。

背景画像

「レイヤー」−「新規調整レイヤー」−「特定色域の選択」を選択して次のように数値を設定します。

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

すると次のようになります。

背景画像

再び新規調整レイヤーを選択して次のように数値を設定します。

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

作業すると次のようになります。

背景画像

このテクスチャを適用します。ブレンドモードを「ソフトライト」に設定します。

背景画像

今度はこのテクスチャを使います。レイヤー効果は「比較(明)」に設定します。それからレイヤーマスクを適用します。

レイヤーマスク

同じレイヤー上で作業を続けます。グラデーションツールを選択します。

グラデーションツール

ここでは画像のようにドラッグして方向を指定します。別な方向を選択することもできます。好みに応じて作業してください。

背景画像

すると、このような感じになります。

背景画像


Step2:少女の画像を入れる
作業を終えることも作業を続けることもできます。空想にふける少女の画像を開きます。ここでは中国人の少女を使います。少女を背景から取り出して移動ツールでドラッグします。少女のレイヤーを2つの特定色域の選択レイヤーと2つのテクスチャレイヤーの下に配置します。

少女入り画像


Step3:全体の色調を調整
ここでブラシとテキストを追加して作業を終えることもできますが、ここでは作業を続けます。「レイヤー」−「新規調整レイヤー」−「トーンカーブ」を選択してRGB設定で二つの点を設定します。

トーンカーブ

すると暗くなります。

全体の色調を調整

特定色域の選択レイヤーを作成して以下のように数値を入れます。

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

特定色域の選択

するとこのようになります。色はそれほど変化せず、画像が暗くなるだけです。なので必要だと思えなければこのステップを飛ばしてもかまいません。

全体の色調を調整


Step4:ブラシを適用
波状のブラシを適用します。ブレンドモードはソフトライト、不透明度は80%です。それから「レイヤー」−「レイヤースタイル」−「光彩(外側)」を選択すると次のようになります。

ブラシを適用

光彩(外側)


Step5:少女を調整
ここで少女の画像をスムーズにするには、中国人の少女レイヤーを複製して、ブレンドモードをソフトライトにします。次に複製元のレイヤーを選択して、「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を選択して、半径を0.4から0.9近辺で設定するとこのようになります。

少女を調整


Step6:テキストとブラシを追加して完成
テキストとブラシを追加します。
完成するとこのようになります。

完成
拡大画像を表示する


引用:Web Design Library  著者:www.photoshop-garden.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング