ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使ってウェブページの画像テキストをシャープに見せる方法

Photoshopを使ってウェブページの画像テキストをシャープに見せる方法

投稿日:2008年10月14日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopを使ってウェブページの画像テキストをシャープに見せてみたいと思います。


Step1:バイリニア法
ウェブページの画像テキストを、特にサイズの小さなテキストをほんの少しシャープに見せるちょっとした方法について扱います。

サイズの変更:

テキスト画像を再サンプルするには、これまで気づかなかったかもしれませんがテキスト画像をシャープにするオプションがあります。
スキャンしたテキストやラインアートの作業には特に役立ちます。

はじめに

画像サイズの変更には、バイキュービック法による再サンプルがデフォルトで設定されています。
ほとんどの画像には最適な設定です。

はじめに

今回のテキストについてはこのようになります。

はじめに

もう一度繰り返します。
今回はバイリニア法を選択します。

はじめに

テキストの違いに気づきましたか?

はじめに


Step2:トラッキングでの方法
二つ目の方法は、トラッキングあるいはカーニングと呼ばれるものがあります。
文字の間隔を調整します。
通常設定のトラッキングを使ったテキストは次のようになります。

カラーバランス

文字ボックスで、トラッキングの数値を20に増やします。

カラーバランス

テキストの見やすさがわかると思います。
道路標識を見るとトラッキングが広めに設定されているのがわかります。
遠くからでも道路標識の内容がわかるのはそのためです。

カラーバランス

文字列をクリスプでアンチエイリアス処理すると、ぼけて見えます。

カラーバランス

Photoshopのシャープ機能を使うと違いがわかると思います。

カラーバランス

このちょっとしたコツを使ってウェブページの画像テキストがシャープに読みやすくなることを願っています。


引用:Web Design Library  著者:webdesignhelper.co.uk 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング