ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使って写真から3D画像を作る方法の概要

Photoshopを使って写真から3D画像を作る方法の概要

投稿日:2008年11月11日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopを使って写真から3D画像を作ろうと思います。


Step1:はじめに
はじめに、色数の多い画像を入手します。
ここでは次の画像を使います。

編集元画像


Step2:画像を加工する
Photoshopで画像を開いたら一行選択ツールを指定します。

一行選択ツール

画像の中で1ピクセルの列(あるいは行)を作ります。
ツールを指定すると次の画像のように1ピクセルの選択範囲を作ります。

画像を加工する

「Ctrl」+「C」キーを押して選択範囲をコピーしたら、Photoshopのオリジナルのドキュメントにペーストします。
1ピクセルの線が現れます。

画像を加工する

「編集」−「変形」−「90°回転(時計回り)」を選択します。
それから、「編集」−「変形」−「拡大・縮小」を選択して次の画像のように選択範囲を広げます。

選択範囲拡大

次に、レイヤーを右クリックして複製し、オリジナルのドキュメントの右側に配置します。

画像を加工する



Step3:3D画像にする
「編集」−「変形」−「遠近法」を選択したら、次の画像のように端をドラッグします。

3D画像にする



Step4:ブラシでより立体にする
レイヤーのサムネイルを「Ctrl」キーを押しながらクリックして選択範囲を読み込み、100ピクセルの黒のソフトブラシを選択します。
次の画像のように奥に影をつけます。


ブラシでより立体にする

他のレイヤーでも同様に作業します。
サムネイルを「Ctrl」キーを押しながらクリックして選択範囲を読み込み、少しだけサイズの小さいソフトブラシを選択して影を塗ります。

ブラシでより立体にする



Step5:完成
他の画像を使って好みに応じて数を増やすことができます。

完成


引用:Web Design Library 著者:www.photoshopatoms.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング