スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで発光するテキストを作る方法

Photoshopで発光するテキストを作る方法

投稿日:2008年11月21日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで発光するテキストを作ってみたいと思います。


Step1:はじめに
まず黒い無地のカンバスに白でテキストを入れます。

黒い無地のカンバスに白でテキスト



Step2:レイヤースタイルを設定する
テキストレイヤーのレイヤースタイルを開き「ドロップシャドウ」、「シャドウ(内側)」、「カラーオーバーレイ」を設定します。
ここで設定する数値は好みに応じて自由に変えることができます。
次の画像は今回使った設定です。

レイヤースタイル

レイヤースタイル

レイヤースタイル




Step3:フィルタで変形させる
レイヤースタイルを設定したら、レイヤーパレット上で右クリックしてテキストレイヤーを複製します。
複製したレイヤーを非表示にして選択しているレイヤーの下に配置します。
「レイヤー」−「表示レイヤーを結合」を選択します。
続けて「フィルタ」−「変形」−「極座標」を選択して、「極座標を直交座標に変更」を指定します。
すると次のようになります。

フィルタで変形させる

「イメージ」−「カンバスの回転」−「90°(時計回り)」を選択します。
それから「フィルタ」−「表現手法」−「風」を選択して、「右から」を選択します。
「Ctrl」+「F」キーを何度か押します。「フィルタ」−「表現手法」−「風」を選択して「左から」を選択します。
「Ctrl」+「F」キーを一度押します。
すると次のようになります。

フィルタで変形させる




Step4:カラーバランスを調整する

逆回転させてから(「イメージ」−「カンバスの回転」−「90°(反時計回り)」を選択)、「フィルタ」−「変形」−「極座標」を選択して、「直交座標を極座標に変更」を指定します。

「レイヤー」−「新規調整レイヤー」−「カラーバランス」を選択して好みに応じて調整します。
この作業はここまでにします。

カラーバランスを調整する

テキストレイヤーを表示させると、次のようになります。


Step5:完成
完成

カラーバランスとレイヤースタイルをいろいろ調整して仕上がりを確かめてください。



引用:Web Design Library 著者:www.photoshopatoms.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング