スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで水彩画を描く方法

Photoshopで水彩画を描く方法

投稿日:2008年12月19日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで水彩画を描いてみたいと思います。


Step1:はじめに

新規ドキュメントを開きます。
まず背景を作ります。

最初に作ったレイヤーに「背景」と名前をつけて、塗りつぶしツール角丸長方形ツールで背景を白くします。

それから「フィルタ」−「テクスチャ」−「テクスチャライザ」を選択します。

テクスチャライザのパラメータ

拡大・縮小 = 100 %
レリーフ = 4
照射方向 = 左下へ

テクスチャライザ

作業に使う画像をドキュメントに挿入します。

レイヤー名を「オリジナル」にします。

「Ctrl」+「J」キーを押してレイヤーを複製して「水彩画」と名前をつけます。

ここで、3つのレイヤーがあることを確認します。

- 「水彩画」(水彩色を作る)
- 「オリジナル」(最初の画像)
- 「背景」(絵を描く紙)

レイヤーを分ける

「水彩画」レイヤーで、「イメージ」−「色調補正」−「色相・彩度」を選択します。

彩度の数値を「-50」にして「OK」ボタンをクリックします。

色相・彩度


Step2:フィルタを加え加工する

「水彩画」レイヤーで、「フィルタ」−「ブラシストローク」−「網目」を選択します。

網目のオプション

ストロークの長さ = 3
シャープ = 10
強さ = 1

網目

下地となる紙を作ります。
「水彩画」レイヤーを選択して、次の操作を行います。

「フィルタ」−「テクスチャ」−「テクスチャライザ」を選択

オプション
拡大・縮小 = 100 %
レリーフ = 4
照射方向 = 左下へ

テクスチャライザ


Step3:水彩画レイヤーとオリジナルを結合する

「水彩画」レイヤーの不透明度を80%にします。

不透明度

「水彩画」レイヤーと「オリジナル」レイヤーを結合します。


Step4:消しゴムツールを使い仕上げる

消しゴムツール

消しゴムツール角丸長方形ツールを選択します。

ここではきれいに仕上げるために「木炭描画」を使います。

それからスムーズな効果をつけるために不透明度を90%にします。

そして画像の不要な箇所を消します。
さまざまな方向から画像を「きれい」にして本物の絵画に近づけましょう。

輝度を変更

「Ctrl」+「J」キーを押してレイヤーを複製して「水彩画2」と名前をつけます。
レイヤーの不透明度を80%にします。

「水彩画」レイヤーのモードを「輝度」に変更します。


Step5:完成

レイヤーを結合します。
これで絵の完成です!

このレッスンが役に立つことを願っています!

完成



引用:Web Design Library 著者:www.phototutorial.info 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング