スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopを使って10分でクールなメイクアップをする方法

Photoshopを使って10分でクールなメイクアップをする方法

投稿日:2008年12月12日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopを使って10分でクールなメイクアップを作ってみたいと思います。


Step1:はじめに

まずはじめにメイクアップ用の写真を入手する必要がありますが、ここではサマンサ・ドレイブンのギャラリーから写真を選ぶことにします。

元画像

その後写真を開き、レイヤーを複製します。

レイヤーを複製


Step2:フィルタを加えレイヤーマスクを使用する

「フィルタ」−「ノイズ」−「ダスト&スクラッチ(半径:5ピクセル、しきい値:0)」を選択します。

ダスト&スクラッチ

今度はレイヤーマスクを追加します。

レイヤーマスク

作成したレイヤーマスク上で、適切なサイズのブラシと黒い色を選択して背景と髪の色を塗りますが、次の画像のように肌は塗らずに残します。

(この方法では肌のみに「ダスト&スクラッチ」を適用できます。)

ブラシ

すると写真は次のようになります。

ブラシ後

細いブラシを使って塗る作業を続け、目とビキニのみを塗るようにすると次のようになります。

ブラシ


Step3:ブラシで塗り形状を整える

その後で、ブラシの不透明度を25%に変更します。

不透明度

肌の部分のカーブになっているすべての箇所を少しずつ塗ります。
鼻、口、あご、顔や体のカーブ全体を実際の外見に近づくまで作業すると、きれいな肌以外が再び表示され、作業を行ったマスクレイヤーは次のように見えます。

ブラシ

すると写真は次のようになります。

ブラシ後


Step4:色調補正し本物の肌に近づける

背景レイヤーに戻ります。

背景レイヤー

「イメージ」−「色調補正」−「シャドウ・ハイライト」を設定します。
(シャドウの量は50%、ハイライトは0%で設定します。)

シャドウ・ハイライト

背景のコピーを行ったレイヤーに戻って、塗りを75%に変更して肌をより本物に近づけます。

塗り


Step5:完成

これでメイクアップの完成です。

完成

これがデジタルメイクアップの基本で、ここからモデルの肌の色や背景を調整を加えていきます。

ご覧いただきありがとうございました。

Photoshopファイルのダウンロード

こちらをクリックするとこのチュートリアルで使ったPSDファイルをダウンロードできます。



引用:Web Design Library 著者:abduzeedo.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング