スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで簡単に煙を作る方法

Photoshopで簡単に煙を作る方法

投稿日:2009年02月13日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで簡単に煙を作ってみたいと思います。


Step1:はじめに

まず、背景を黒くして新規レイヤーを追加します。
新規レイヤー上でブラシを使って次のように無作為に煙を作ります。

新規レイヤー上で無作為に煙を作成


Step2:変形フィルタで波形を使ったり渦巻きを使う

続いて、「フィルタ」−「変形」−「波形」を選択したら、「開始位置を乱数的に変化させる」ボタンを押します。
その後、「編集」−「フェード」を選択して不透明度を50%に設定します。
この2つのステップを何度か繰り返すと次のようになります。

波形フィルタを適用し渦巻くを使う

最初のシェイプにこだわって「波型」を使う際に、プレビューが変わりすぎているように思えたら、「開始位置を乱数的に変化させる」をもう一度押します。
煙が渦を巻くようにする場合は、「フィルタ」−「変形」−「渦巻き」を使うこともできますし、フェードを使うこともできます。


Step3:完成

完成

このチュートリアルに沿って作業すると上の画像のようになります。
煙のバリエーションはこの方法を繰り返し使っていくつでも作れます。
Photoshopでは実験が重要であるとともに結果は場合によって異なります。


引用:Web Design Library 著者:www.photoshopatoms.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング