スポンサー


    ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで壁にデザインを入れる方法

Photoshopで壁にデザインを入れる方法

投稿日:2009年04月06日   レベル:中級者    ソフトウェア:PhotoShop
このチュートリアルでは、Photoshopで壁にデザインを入れてみたいと思います。


Step1:はじめに

はじめに、作業用の素材を探します。
ここではこれを使います。別の画像でも構いません。
「Ctrl」+「J」キーを押して探してきた素材の背景レイヤーを複製したら、「Ctrl」+「Shift」+「U」キーを押して画像を白黒にします。

画像を白黒にする


Step2:背景を調整する

レイヤーの不透明度を80%に設定して、次のようにクイックマスクモードでグラデーションをつけます。

クイックマスクモードでグラデーションをつける

それから通常モードに戻します。
選択範囲を作ります。

選択範囲を作る

「Delete」キーを押して選択範囲に入っているイメージを削除します。
「Ctrl」+「D」キーを押して選択範囲を解除します。

選択範囲のイメージを削除


Step3:背景にグラフィックを追加する

背景にグラフィックを追加します。
ここではこのブラシを使います。
それからブラシパレットにブラシブラシを読み込みます。
Photoshopのパレットには次のように表示されますのでそれを選択します。

ブラシを選択する

前景色を黒にして次のように新規レイヤーにブラシを入れます。

新規レイヤーにブラシを入れる

別のブラシを選択します。

ブラシを選択する

新規レイヤーに雲を作ります。

新規レイヤーに雲を作る

最後に次のブラシサンプルを選択します。

ブラシを選択する

新規レイヤーに黒いスポットを追加します。

新規レイヤーに黒いスポットを追加する


Step4:テキストを追加する

テキストを追加します。
横書き文字ツール(通常使用している)を引き出して次のように黒い色で文字を入力します。

テキストを追加する

ここで使用したフォントはよく使われる「Bearpaw(80ポイント、クリスプ)」です。
別のフォントや象形文字を使ったり、どこかで入手したものでもかまいません。
入力した文字を少しだけ回転させます。
「編集」−「自由変形」を使って次のように回転させ、不透明度を70%にします。

文字を回転させ、不透明度を70%にする



Step5:効果の設定
ブラシを入れたレイヤーをすべて結合します。
それから多角形選択ツール多角形選択ツールで女の子のシルエットに沿って選択範囲を作ります。
それから「Delete」キーを押して選択範囲に入っているイメージを削除します。

選択範囲を削除する

「Ctrl」+「D」キーを押して選択範囲を解除したら、レイヤーを全部結合します。
続いて「Ctrl」+「J」キーを押してレイヤーを複製して「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」から次のように設定します。


ぼかしガウスを設定する

すると次のようになります。

ぼかしを設定した結果

レイヤーモードをソフトライトに変更して不透明度を50%にします。
再び2つのレイヤーを1つに結合します。

レイヤーモードをソフトライトに変更し不透明度を50%にする

新規レイヤーを作成して黒で塗ったら、「フィルタ」−「ノイズ」−「ノイズを加える」から次のように設定します。

ノイズを加える

レイヤーモードをスクリーンに変更します。

レイヤーをスクリーンモードにする

最後に消しゴムツール消しゴムツールのソフト円ブラシを引き出して壁のエリア以外をすべて消します。

壁以外のエリアをすべて消す


Step6:完成

このチュートリアルでの作業は完了です!
ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

完成


引用:Web Design Library 著者:www.photoshopstar.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング