ウェブデザイン基礎講座

    フォトショップ講座

    HTML&CSS講座

    グラフィック講座

    Flash講座

    3D講座

    ウェブプログラミング講座

    サイトメンテナンス講座

    サイト紹介

    スペシャルリンク

サイト内検索

 メールマガジン

テンプレートモンスター
ホームページテンプレート

Free Templates Online JP
無料ホームページテンプレート
Free Templates Online JP

株式会社ネットオン
採用Webマーケティング
indeed広告代理店

海外 SEO対策 トラッキングツール
海外 SEO対策
ランキングチェックツール

Rank Tracker

テクニック

Homeフォトショップ講座 > Photoshopで何もないところから高温の天体を作る方法

Photoshopで何もないところから高温の天体を作る方法

投稿日:2009年05月22日   レベル:初心者    ソフトウェア:PhotoShop


このチュートリアルでは、Photoshopで何もないところから高温の天体を作りたいと思います。


Step1:はじめに

まず、何もない黒いキャンバスに楕円形選択ツール楕円形選択ツールで選択範囲を作ります。
新規レイヤーを作成して黒く塗ります。


Step2:天体のベースを作る

カラーパレットを黒と白にして(「D」キーを押すとカラーパレットをリセットできます)、「フィルタ」−「雲模様」を選択します。
見た目が天体のようになるまでこのプロセスを繰り返します。
「Ctrl」+「F」キーを押すと繰り返しフィルタをかけることができます。


「雲模様」をかける

雲模様がうまく作れたら、「Ctrl」+「L」キーを押すか「イメージ」−「色調補正」−「レベル補正」を選択します。
白いエリアをより白くするには、中央のアンカーを左に少し移動させ、右のアンカーも同様に操作します。

レベル補正する

続いて、「フィルタ」−「シャープ」−「アンシャープマスク」を選択します。
量を500%、半径3.2ピクセル、しきい値10に設定します。
すると次のようになります。

「アンシャープマスク」をかける

次のステップは、まだ平たく見える天体を球体らしくすることです。
選択範囲はそのままにして、「フィルタ」−「変形」−「球面」を選択して、100%に設定します。

「球面」をかける



Step3:色合いを調整する

これでほとんど完成です。
「イメージ」−「色調補正」−「カラーバランス」を選択して、3つのトーン(シャドウ、中間調、ハイライト)のカラーレベルを調整します。
次のように天体の色調をオレンジ、黄色、赤のトーンにします。

カラーレベルを調整する

この段階ではまだ天体の端が雑で、ピクセル化されているように見えます。
そこでレイヤー上で「Ctrl」キーを押しながら左クリックして選択範囲を作って、「選択範囲」−「選択範囲を変更」−「境界線」でふちどりを4ピクセルから5ピクセルにします。
それから「フィルタ」−「ぼかし」−「ぼかし(ガウス)」を選択して半径を小さめ(1ピクセルから2ピクセル)に設定します。

最後に、レイヤースタイルを設定します。
「光彩(外側)」をオレンジ色に設定して、スプレッドを0、サイズを25ピクセルに設定します。
「光彩(内側)」を黄色に設定して、チョークを0、サイズを15ピクセルに設定します。
すると次のようになります。

レイヤースタイルを設定する


Step4:完成

好みの状態になるまでレイヤースタイルの調整を繰り返して実験してみることをお勧めします。
「シャドウ(内側)」を設定すると、より天体らしさが加わります。

好みの状態になるまでレイヤースタイルを調整する

あるいは、違う雲模様で最初からやり直すと、以前とはまったく異なる仕上がりになります。

完成


引用:Web Design Library 著者:www.photoshopatoms.com 翻訳:菊池



スポンサードリンク

コメント

ランダム記事5件

2016年5月の人気記事ランキング